HOME > BOOK >

『きみ江さん――ハンセン病を生きて』

片野田 斉 201502 偕成社,205p.

Tweet
last update: 20190530

このHP経由で購入すると寄付されます


■片野田 斉 201502 『きみ江さん――ハンセン病を生きて』,偕成社,205p.ISBN-10: 4036450700 ISBN-13: 978-4036450701 1600+ [amazon][kinokuniya] ※ lep

■内容

amazonより

 元ハンセン病患者の山内きみ江さんの生い立ちから現在までを、報道カメラマンである著者がその姿を追って描くノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)
本書の主人公である山内きみ江さんは、一九三四年生まれ。顔に神経麻痺がありますが、そのためかえってしわが目立ちません。体も小さいから“かわいいおばあちゃん”に見えますが、じつは“やる気十分の勝ち気なばあさん”です。かつてハンセン病患者が受けた「差別」と「偏見」、そして「いじめ」。元患者である「きみ江」さんは、かけがえのない時間を生きる…。小学校高学年から。

■目次

第1章 生い立ち
第2章 国立療養所多磨全生園
第3章 高度経済成長
第4章 今が青春

■著者について

amazonより

片野田 斉(かたのだ・ひとし)
1960年生まれ、東京都東村山市出身。明治学院大学卒。NHK映像取材部助手を経て報道写真家・山本皓一氏に指事。主に週刊誌でスポーツ、政治、芸能、ニュース現場を経験。ニューヨークに拠点を置く世界的写真通信社「Polaris Images」メンバー

■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:岩ア 弘泰
UP: 20190530 REV:
ハンセン病  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)