HOME > BOOK >

『自閉症スペクトラム “ありのまま"の生活――自分らしく楽しく生きるために』

小道 モコ・高岡 健 20140930 明石書店,244p.

last update:20150220

このHP経由で購入すると寄付されます
Tweet


■小道 モコ・高岡 健 20140930 『自閉症スペクトラム “ありのまま"の生活――自分らしく楽しく生きるために』,明石書店,244p. ISBN-10:4750340715 ISBN-13: 978-4750340715 1800+ [amazon][kinokuniya] ※ a07

■内容

(「amazon」より)
自閉症スペクトラム当事者の小道モコと、精神科医・高岡健とのメール対談集。ラジオ、本、音楽、映画など日々の楽しみから、いじめ、家族、定型発達者への違和感までを率直に語りあう。根底にあるのは、みんながそれぞれに自分らしく生きられる世界への希求。自閉症の人への理解が深まるとともに、定型発達の基準で世界が構築されていることの不思議さも見えてくる。

(「BOOK」データベースより)
はたから見れば、どうでもいいようなことに、心から没頭できる。そして、それについて語り合う人がいたら、なおうれしい。生活の豊かさって、たぶんそういうこと―。自閉症スペクトラム当事者の小道モコと、精神科医の高岡健との出会いから生まれた、珠玉のメール対談集。

■目次


第1部 本音がみえないから人間関係はムズカシイ――日常を語る(京都;絵/イラスト ほか)

第2部 考えることがやめられないわたしとの付き合い方――個人史をたどる(父と母/叔父と叔母;『隣る人』 ほか)

第3部 乾いた心を潤す音楽、ラジオ、本――楽しみを広げる(Mika;エレファントカシマシ ほか)

第4部 いつでも出入り自由の共同体なら生きていける――映画から世界を眺める(『ウルトラミラクルラブストーリー』;『インスタント沼』 ほか)

第5部 孤独を感じるなら、それは何かの始まり――自閉症スペクトラムは文化である(アスピーの発見基準;文化多様性 ほか)



*作成:永橋 徳馬
UP: 20150220 REV:
自閉症 autism 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)