HOME > BOOK >

『移植医療』

出河 雅彦 20140620 岩波書店,240p.

Tweet
last update:20240221

このHP経由で購入すると寄付されます


■出河 雅彦 20140620 『移植医療』,岩波書店,240p. ISBN-10:4004314887 ISBN-13:978-4004314882 780+ [amazon][kinokuniya] ※ 

■内容

紹介


著者略歴


■目次

序章 臓器移植の限界ー脳死論議の陰に隠された問題を追う

第1章 臓器提供者はどうして脳死になったかー死因究明と情報公開
1節 家族承諾第一例と幼児提供第一例
2節 死因は明らかにされているかーー集計データの分析から

第2章 安楽死ドナーは受け入れられるかー心停止後臓器提供の新展開

第3章 生体移植への依存ー日本の臓器移植の最大の歪み
  1節 腎臓売買事件と外国人移植病院構想
2節 提供者の保護は十分か

第4章 人体組織の移植ー知られざる実態と課題
1節 皮膚バンクや骨バンクなどの活動の実際
2節 心臓弁なら売ってもよいか

第5章 実験か医療かー病気腎移植にみる先端医療管理の問題点
1節 病気腎移植問題の経緯
2節 新しい試みを医療にするためには

終章 限界をどう超えるかー再生医療の現状と課題

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:今井 浩登
UP:20240221 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)