HOME > BOOK >

『多元的共生社会の構想』

菅沼 隆・河東田 博・河野 哲也 編 20140220 現代書館,226p.

Tweet
last update: 20180826

このHP経由で購入すると寄付されます


■菅沼 隆・河東田 博・河野 哲也 編 20140220 『多元的共生社会の構想』,現代書館,226p.ISBN-10: 4768435297 ISBN-13: 978-4768435298 2,200+ [amazon][kinokuniya]

■内容

Amazon(「BOOK」データベースより)

障害者・高齢者・子ども・女性(妊婦)・被災者・貧困者など、社会的排除に遭いやすいカテゴリーの人々を社会の多様性の一部と捉え、イクルーシブな地域社会=「多元的共生社会」の構想を論述。

■目次

「自立と福祉」から「多元的共生社会」へ―学生と共に学んだ3カ月半
多元的共生社会を構想するために
哲学における多元的共生社会の構想―多元的共生社会にはどのような倫理が求められるか?
多元的共生社会の理論のために―自立生活運動の実践から
共生社会を実現するための障害者基本計画と障害者の所得保障
精神保健福祉政策を通して構想する多元的共生社会
障害者虐待と多元的共生社会
児童手当制度の形成過程にみる日本の家族政策の限界と可能性
認知症高齢者のリハビリテーションを通して構想する多元的共生社会
多元的共生社会における職場と労働―「マタニティ・ハラスメント」問題を手がかりにして
「出生前検査」を通して構想する多元的共生社会
被災地支援を通して構想する多元的共生社会
「多元的共生社会」の到来を願って

■引用


■書評・紹介


■言及




*作成:焦 岩
UP: 20180826 REV:
身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)