HOME > BOOK >

『「学ぶ、考える、話しあう」討論型世論調査ーー議論の新しい仕組み』

曽根 泰教・柳瀬 昇・上木原 弘修・島田 圭介 20131001 木楽舎,256p.

Tweet
last update:20240316

このHP経由で購入すると寄付されます


■曽根 泰教・柳瀬 昇・上木原 弘修・島田 圭介 20131001 『「学ぶ、考える、話しあう」討論型世論調査ーー議論の新しい仕組み』,木楽舎,256p. ISBN-10:4863240686 ISBN-13:978-4863240681 700+ [amazon][kinokuniya] ※ 

■内容

紹介


著者略歴


■目次

■はじめに

■第1章 「話しあう」世論調査

ファストオピニオンとスローオピニオン

「学ぶ、考える、話しあう」

ランダム性

一堂に会する場(フォーラム)の設定

運営手順、話しあう場

討論資料

データの取り方

誰が討論型世論調査を考えついたか

日本で実施が遅れたのはなぜか

■第2章 世論調査の仕組み

1 世論調査とは

一般的に行われている世論調査

世論調査は、民意のスナップショット

世論調査の基本は、ランダムサンプリング(無作為抽出)

特定層に行う調査は、世論調査か

2 さまざまな民意を調べる手法、民意を届ける方法

代表的な世論調査の調べ方

それぞれの調査方法の特徴

世論調査以外の、民意を調べる方法、民意を届ける方法

それぞれの手法の特徴

3 世論調査は本当の民意か

目立つ意見が世論か

マスメディアの報道が世論か

目立つ声、大きい声に流されていないか

朝日新聞・読売新聞の世論調査の結果

世論調査どおりの投票結果

4 もっと深い民意を探るために

サイレント・マジョリティの考えを探るには

世論調査も一つの社会参加

■第3章 討論型世論調査の意義と概要

1 討論型世論調査の背景

2 討論型世論調査の構造

討論型世論調査の構造の概要

謝礼・交通費・宿泊の手配

討論資料・調査票と専門家

小グループ討論とモデレーター

全体会議とパネリスト

調査結果

3 これまでの討論型世論調査の実践

これまでの諸外国での実践例

これまでのわが国での実践例

4 討論型世論調査の特徴

他のさまざまな意見徴収の方法の特徴

他のさまざまな意見徴収の方法との比較

多様な意見との出会いの場としての討論型世論調査

討論型世論調査における集団極性化の防止装置

■第4章 討論過程の実際

「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」ドキュメント

1 討論型世論調査のドキュメント

世論調査(T1)スタートから討論フォーラム参加者募集まで

討論資料作りと送付

会場設営とモデレーター研修

討論フォーラムの実際

参加者の多様性が議論を活性化する

論点の収歛

議論の潮目

議論が拡散したケース

政策を動かすためにゼロシナリオを

3つの考察

2 数字で見る意見の変化

各シナリオ評価の最高点で分類したシナリオ指示分析

個人の意見はどのように変化したか

■第5章 討論型世論調査を活かすためには

マスコミの注目

討論型世論調査はオペラのようなもの

日本人は話し下手?

集計方法

態度は形成される

政策過程での討論型世論調査

今後の可能性

討論型世論調査の欠点

■あとがき

■参考文献

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:今井 浩登
UP:20240316 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)