HOME > BOOK >

『よかたい先生――水俣から世界を見続けた医師 原田正純』

三枝 三七子(文・絵) 20130817 学研教育出版,135p.

Tweet
last update: 20181101

このHP経由で購入すると寄付されます


■三枝 三七子 20130817 『よかたい先生――水俣から世界を見続けた医師 原田正純』,学研教育出版,135p. ISBN-10: 4052038266 ISBN-13: 978-4052038266 1400+ [amazon][kinokuniya] ※

原田 正純
水俣病

■内容

◆学研出版サイト
 https://hon.gakken.jp/book/1020382600
◇内容
「「公害の原点」と呼ばれる水俣病事件から50年もの間、患者の側に立ち続けた医師、原田正純。世界のあちこちで公害病の人たちを診察し、水俣から社会のひずみを訴え続けた。原発事故後の今、過去を知り、未来に活かすことの大切さを伝える。」
◇著者
「【三枝三七子(文)】
絵本作家。著作に『じゃぶじゃぶパパ』(偕成社)など。水俣市立水俣病資料館を訪ねたことが契機で水俣病をテーマとする絵本の制作を決意。その後、取材を重ねて、『みなまたの木』(創英社)を刊行。」

◆紀伊國屋書店ウェブストア [kinokuniya]
◇内容説明
「「公害の原点」と呼ばれる水俣病事件から50年もの間、患者の側に立ち続けた医師原田正純。原田先生は世界のあちこちで公害病の人たちを診察し、水俣から社会のひずみを訴え続けました。過去を知り、未来に生かすことの大切さを伝える原田先生からの最後のメッセージ。」

■目次

プロローグ 原田先生との出会い
第1章 医者になんかなりたくなかった
第2章 見てしまった責任
第3章 人よりもお金が大事なのか?――三つの公害・事件を追って
第4章 患者さんとともに生きる
第5章 世界のあちこちで起こる公害・事件
第6章 これからを生きるための水俣学
第7章 原田先生からのバトン
エピローグ たくさんの人に支えられて
解説 人間理解と生き方 柳田邦男
原田正純先生 略年譜

■引用


■言及

◆立命館大学産業社会学部2018年度前期科目《質的調査論(SA)》(担当:村上潔
 第3回:「なぜいま質的調査なのか(2)」[2018/04/25]

◆立岩 真也 2018 『病者障害者の戦後――生政治史点描』,青土社


UP:20180430 REV: 20180606, 1101
原田 正純  ◇水俣病  ◇病者障害者運動史研究  ◇病・障害  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)