HOME > BOOK >

『蘇生した魂をのせて』

石牟礼 道子 20130420 河出書房新社,222p.

Tweet
last update: 20181121

このHP経由で購入すると寄付されます


石牟礼 道子 20130420 『蘇生した魂をのせて』,河出書房新社,222p. ISBN-10: 4309021778 ISBN-13: 978-4309021775 1800+ [amazon][kinokuniya]

■内容

▼河出書房新社Webサイト内の本書ページより
 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309021775/
「人間とは何か、私たちはどこへ行くのか――破壊し尽くされた自然や人間の悲劇と、その闇の奥底に立ち上がる新しき叡智を語る対談・講演集。受難の時代にこそ響きわたる水俣からの言魂集。」

■目次

[対談]深遠な「自給自足」の暮らし――田上義春さんとの対話
[講演]蘇生した魂をのせて
[講演]来水前に話しておきたいこと
[講演]水俣・水天荘にて
[講演]日月の舟
[講演]私たちは何処へ行くのか
[対談]加害・被害の枠組みをどう超えるか――緒方正人さんとの対話
[インタヴュー]魂が揺れる場所

■引用


■書評・紹介


■言及

◆立命館大学産業社会学部2018年度後期科目《質的調査論(SB)》「石牟礼道子と社会調査」(担当:村上潔)


*作成:村上 潔
UP: 20181121 REV:
石牟礼道子  ◇水俣病  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)