HOME >BOOK >

『大災害と犯罪』

斉藤 豊治 編 20130311 法律文化社,230p.

last update:20140720

このHP経由で購入すると寄付されます


Tweet

■斉藤 豊治 編 20130311 『大災害と犯罪』,法律文化社,230p. ISBN-10:4589034786 2900+ [amazon][kinokuniya] ※ d10. l

■内容

「美しい国、日本」には、「火事場泥棒」は存在しない?―大災害後、どのような条件があれば犯罪が抑制され、どのような条件があれば犯罪が促進されるのか?実証的な研究の蓄積のなかで、理性的で適切な犯罪対策を模索する。3・11を含む国内外の大災害と犯罪、さらには原発問題と企業・環境犯罪について、学際的に調査・研究した日本ではじめての試み。

■目次

第1部 大災害と犯罪
 第1章 大災害後の犯罪;
 第2章 阪神・淡路大震災後と関東大震災後の犯罪現象の比較
 第3章 阪神・淡路大震災後の犯罪現象
 第4章 阪神・淡路大震災後の犯罪防止活動
 第5章 ハリケーン・カトリーナ後のアメリカ南部の危機
 第6章 東日本大震災の津波への対応は適切だったか
 第7章 東日本大震災における助け合いと犯罪
第2部 原発と企業・環境犯罪
 第8章 犯罪学からみた原発事故
 第9章 経済・企業犯罪研究からみた福島原発事故
 第10章 地震・断層研究からみた柏崎刈羽原発の危険性と福島原発事故
 第11章 原発訴訟弁護団からみた浜岡原発の危険性と福島原発事故
 第12章 福島原発事故と刑事責任
終章 近未来の大災害と犯罪に備える

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP: 20140720 REV: 20140720
災害と障害者・病者:東日本大震災 生活・生存  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)