HOME > BOOK >

『視覚障碍をもって生きる――できることはやる、できないことはたすけあう』

栗川 治 20120720 明石書店,396p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■栗川 治 20120720 『視覚障碍をもって生きる――できることはやる、できないことはたすけあう』,明石書店,396p. ISBN-10: 4750336327 ISBN-13: 978-4750336329 2850+ [amazon][kinokuniya] ※ v01.dpp.

■広告

中途失明の予感におびえながらも大学生活を謳歌し高校教員になった著者が、やがておとずれた中途失明の困難をどう乗り越えたか。授業や生徒指導での取り組みや趣味の合唱やマラソンなど、できることはやる、できないことは助け合いながらのチャレンジの連続

■著者

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
栗川/治
1959年、新潟市生まれ。早稲田大学第一文学部哲学専攻卒業。20歳代後半で失明。全国視覚障害教師の会事務局長、「障碍」を持つ教師と共に・連絡協議会事務局長などを務める。第45回NHK障害福祉賞などを受賞。現在、新潟県立新潟西高等学校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1編 視覚障碍をもって生きる
 障碍をもって働く
 授業と学級
 生徒との関わり
 読み・書き
 歩行
 合唱
 ランニング
 生活と趣味
第2編 障碍者制度改革と政権交代
 革命的な推進会議の構成と権限
 政権交代の熱気の中で推進会議の議論が始まる
 広範で多種多様な当事者の意見
 官僚の巻き返しで問われる政治主導
 政権激震の中で第一次意見が閣議決定される
 泥まみれの改革
 「障碍者の問題」から「社会の問題」へ


UP:20120916 REV:
WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)