HOME > BOOK > 情報・コミュニケーションと障害者

『声に出せないあ・か・さ・た・な――世界にたった一つのコミュニケーション』

天畠 大輔 20120510 生活書院,256p.
[English] / [Korean]

Tweet
last update:20190731

このHP経由で購入すると寄付されます
『声に出せないあ・か・さ・た・な』


天畠 大輔 20120510 『声に出せないあ・か・さ・た・な――世界にたった一つのコミュニケーション』,生活書院,256p.  ISBN-10:490369092X ISBN-13:978-4903690926 1800円+税  [amazon][kinokuniya] ※

■内容紹介

14歳で障がい者となり、四肢麻痺、発語不能、嚥下障がい、視覚障がいなどの重複障がいを抱え、24時間の見守り介助を必要とする著者。外界とのコミュニケーションを完全に閉ざされた彼が、獲得した手段とは何か? 絶望の淵にたった14歳のあの日から、大学院生として学びの日々を過ごす今の姿まで……メンドクサクもタノシイ日常を、工夫を凝らし明るく生き行く、ダイスケの日々。

■目次

はじめに──声に出さない あ・か・さ・た・な〜私の障がいについて

大輔の介助心得

第一部 伝え・受け取り・生きる──私の暮らし

第1章 世界にたった一つのコミュニケーション
 1  伝える
 2  ショートカット表現
 3  受け身のコミュニケーション
 4  即時性の欠如
 5  「そこ違うよ!」
 6  結論から言う
 7  先読み力
 8  英語
 9  電話
 10 リセットボタン
 11 ハリネズミのジレンマ
 12 触れる
 13 目を見ればわかるのか
 14 どうやって文章を書くか

第2章 食べる・動く・遊ぶ──介助者とともに
 1  友だちをお金で買う──友だちと介助者の間
 2  食事
 3  トイレクラッシャー!参上
 4  110円のパンをカードで買う?──お金と買い物
 5  移動──探求心と冒険心(ただし、安心感がないと行かない)
 6  情報と接する方法
 7  引き継ぎ
 8  介助者に求めること
 9  映画の虫
 10 コンサートや演劇
 11 韓国旅行
 12 恋愛

第二部 障がい者になった日──生死の淵からの帰還と運命を変えた出会い

第3章 帰還──ICUでの100日間
 1  三途の川
 2  変調
 3  搬送
 4  昏睡
 5  ICUでの目覚め
 6  床ずれ

第4章 医療──障がい者になる
 1  「一般病棟」での生活
 2  コミュニケーションの獲得
 3  院内学級
 4  「障がい者」になる

第5章 転院
 1  リハビリテーションセンターでの生活
 2  外泊
 3  園児たち
 4  食事について
 5  死は近くにある

第6章 学級と進路
 1  物足りなさ
 2  グッチ先生との出会い
 3  人を信頼する
 4  外界との接点
 5  大学受験に向けて

第三部 学びはやめられない──大学生活とこれからの道

第7章 大学へ入ろう──受験から入学まで
 1  グリコの仲間たち
 2  受験の決意
 3  最初の3年間
 4  ルーテル学院大学との出会い
 5  入学試験合格!

第8章 大学生活と学問
 1  大学生活とボランティア──ダイボラからLSSへ
 2  勉強方法
 3  評価について
 4  卒業論文

第9章 学びの第2章の幕開け──立命館大学大学院へ
 1  福島智先生との出会い
 2  研究したいこと
 3  立命館への道
 4  大学院受験へ
 5  将来について
 6  結婚

エピローグ
おわりに
年表──大輔史
参考文献

■引用

■書評・紹介

原 昌平「1字1字紡いだ16万字」読売新聞(夕刊 大阪本社版)

◆立岩 真也 2016/07/14 「天畠大輔『声に出せないあ・か・さ・た・な』――「身体の現代」計画補足・178」
 https://www.facebook.com/ritsumeiarsvi/posts/1750203645246615

◆大久保 真紀「聴覚だけ頼りの37歳、博士号を取得 話せず読めずとも」『朝日新聞』2019年4月12日
 https://www.asahi.com/articles/ASM3V6GWQM3VUTIL04Z.html

■言及



UP:20120518 REV:20120911, 20160715, 20190731
障害者と教育  ◇障害学生支援(障害者と高等教育・大学)  ◇情報・コミュニケーションと障害者  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)