HOME > BOOK >

『ケアの社会学―当事者主権の福祉社会へ』

上野 千鶴子 20110815 太田出版,497-Cp.
[English] / [Korean]

last update:20111006

このHP経由で購入すると寄付されます


上野 千鶴子 20110815 『ケアの社会学―当事者主権の福祉社会へ』,太田出版,497-Cp. ISBN-10:4778312414 ISBN-13: 9784778312411 \2993 [amazon][kinokuniya] ※ c04,s,a02

■内容

内容紹介
――超高齢社会における共助の思想と実践とは何か?!

――「ケア」関係における当事者主権とは何か?!

社会の高齢化が進む中で、今後ますます重要性を増してくる「ケア」の問題は、これまで十分に冷静な議論がなされてきたとは言えない。介護労働者が不足し、そのニーズが増す一方で、彼/彼女らの労働環境は、現在も低水準が維持され続けている。さらに「ケア」は家族の心情や道徳意識に強く働きかける領域であるが故に、主婦などの無償の奉仕労働として扱われがちである。こうした問題の批判的検討に加えて、本書はこれまでもっぱら「ケアする側」の立場から語られてきたこの問題を「ケアされる側」の立場から捉え返し、介護現場における「当事者主権」とは何かを明らかにする。

『家父長制と資本制』で切り開かれた家事労働論・再生産論をさらに先へと押し進めた、上野社会学の集大成にして新地平!!

調査期間10年、総計500ページ超!

■目次

初版への序文

第I部 ケアの主題化
第1章 ケアとは何か
 1 なぜケアを語るのか
 2 ケアとは何か
 3 ケアの定義
 4 ケアワークとは何か
 5 ケアの概念化
第2章 ケアとは何であるべきか――ケアの規範理論
 1 ケアへの規範的アプローチ
 2 ケアの規範科学
 3 「ケアの本質」
 4 ギリガンの「ケアの倫理」
 5 ギリガン以後の「ケアの倫理」論争
 6 臨床哲学の「ケア」論
 7 ケアリングをめぐって
 8 ケアの文脈化
 9 ケアの人権アプローチ
第3章 当事者とは誰か――ニーズと当事者主権
 1 当事者とは誰か
 2 ニーズの帰属する主体
 3 当事者概念のインフレ
 4 潜在能力アプローチ
 5 一次的ニーズと派生的ニーズ
 6 当事者であることと当事者になること
 7 おわりに

第II部 「よいケア」とは何か
第4章 ケアに根拠はあるか
 1 なぜ高齢者をケアするのか
 2 介護は再生産労働か
 3 階層問題としてのケア
 4 家族介護とは何か
    ――再び再生産費用の分配問題をめぐって
 5 援助は正当化されるか
 6 家族に介護責任はあるか
 7 まとめにかえて
第5章 家族介護は「自然」か
 1 はじめに
 2 「家族介護」とは何か
 3 「家族介護」はいつから問題となったか
 4 「家族介護者」とは誰か
 5 「家族介護」は福祉の含み資産か
 6 家族介護者のストレス研究
 7 家族介護とジェンダー
 8 「家族介護」はほんとうによいか
 9 家族介護はのぞましいか
第6章 ケアとはどんな労働か
 1 ニーズとサービスの交換
 2 ケアワークの概念化
 3 ケアは労働か
 4 ケア労働と家事労働の比較
 5 サービス商品と労働力商品
 6 ケアの値段(価格)
 7 ケアとはどんな商品か
 8 ケアワークと感情労働
 9 ケアワークはなぜ安いのか
第7章 ケアされるとはどんな経験か
 1 ケアされること
 2 介護されるという経験
 3 要介護者の誕生
 4 障害者運動に学ぶ
 5 高齢者運動はあるか
 6 障害者運動の歴史
 7 利用者満足とは何か
 8 高齢者と障害者の比較
 9 当事者と家族の比較
 10 利用者によるサービス評価
 11 認知症高齢者の経験
 12 被介護経験のエキスパート
 13 ケアされる側の作法と技法
第8章 「よいケア」とは何か――集団ケアから個別ケアへ
 1 「よいケア」とは何か
 2 ユニットケアとは
 3 ホテルコストとは
 4 ユニットケアの起源
 5 ハードとしてのユニットケア
 6 ユニットケアの効果
 7 ユニットケアの現実――実証データから
 8 ユニットケアと感情労働
 9 ユニットケアは「家族的」か
 10 施設から住宅へ――施設の住宅化
 11 新しい雑居部屋への動向
 12 おわりに

第III部 協セクターへの期待
第9章 誰が介護を担うのか――介護費用負担の最適混合へ向けて
 1 家族でなければ誰が
 2 官/民/協/私の福祉多元社会
 3 二元モデルの限界
 4 三元モデルの批判的検討――福祉ミックス論の系譜
 5 もうひとつの三元モデル
 6 ケアの脱家族化と脱商品化
 7 官/民/協/私の四元モデルの採用
 8 ケアの社会化と協セクターの役割
第10章 市民事業体と参加型福祉
 1 はじめに
 2 参加型福祉
 3 「市民」か「住民」か
 4 地域とは何か
 5 有償ボランティアの不思議
 6 介護保険とNPO
 7 NPOの優位性
 8 NPO批判
 9 福祉経営
 10 おわりに
第11章 生協福祉
 1 生協福祉とワーカーズ・コレクティブ
 2 介護保険と生協の福祉事業
 3 生協福祉への期待と自負
 4 ワーカーズ・コレクティブ成立の背景
 5 生協福祉の三類型
 6 ワーカーズ・コレクティブの前史
 7 ワーカーズ・コレクティブの成長
 8 介護保険前夜のワーカーズ・コレクティブ
第12章 グリーンコープの福祉ワーカーズ・コレクティブ
 1 はじめに
 2 アクション・リサーチという手法
 3 ワーカーズ・コレクティブの担い手たち
 4 ワーカーズ・コレクティブの参加動機
 5 ワーカーズ・コレクティブの労働と報酬
 6 ワーカーズ・コレクティブの利用者と利用料金
 7 ワーカーズ・コレクティブの経営コスト
 8 経営コストと時間費用
 9 経営コスト比較
 10 ワーカーズ・コレクティブのサービスの質
 11 ワーカーズ・コレクティブの創業支援システム
 12 介護保険以後の生協福祉事業の展開
 13 「プライドの値段」
第13章 生協のジェンダー編成
 1 はじめに
 2 生協のジェンダー意識
 3 生協の「男女共同参画」
 4 活動と労働の二重構造
 5 生協組織の歴史――二重構造から三重構造へ
 6 配送は「男の仕事」
 7 パート労働の導入
 8 生協版フレックス労働化
 9 ワーカーズ・コレクティブの成立
 10 労働のフレックス化と組織再編
 11 ふたたび生協とフェミニズムをめぐって
第14章 協セクターにおける先進ケアの実践――小規模多機能型居宅介護の事例
 1 NPOが支える小規模多機能型居宅介護
 2 介護保険「改正」における小規模多機能型居宅介護事業
 3 協セクターにおける社会福祉法人の位置
 4 富山型小規模多機能共生型デイサービスの展開
 5 「このゆびとーまれ」の施設概要と歴史
 6 創業資金
 7 小規模多機能共生型のケア実践
 8 共生型の効果
 9 利用者と家族
 10 ワーカーとボランティア
 11 「家族的な介護」とは何か
 12 福祉経営から見た「富山型」
第15章 官セクターの成功と挫折――秋田県旧鷹巣の場合
 1 官セクターと協セクターの境界領域
 2 「日本一の福祉」をめざした町
 3 「ケアタウンたかのす」の背景と概要
 4 「ケアタウンたかのす」のケア実践――ハード面
 5 「ケアタウンたかのす」のケア実践――ソフト面
 6 「ケアタウンたかのす」の利用者
 7 「ケアタウンたかのす」のワーカー
 8 「ケアタウンたかのす」のケアの質を可能にした条件
 9 業務改善委員会報告
 10 鷹巣の挫折の検証
 11 ネオリベ改革に翻弄された鷹巣福祉
 12 鷹巣の挫折から何を学ぶか
第16章 協セクターの優位性
 1 協セクターの競争優位
 2 労働条件と人員配置
 3 「生協らしい」福祉とは
 4 「生協らしさ」とワーカーズ・コレクティブ
 5 労働の自己決定の逆説的効果
 6 地域特性
 7 おわりに

第IV部 ケアの未来
第17章 ふたたびケア労働をめぐって――グローバリゼーションとケア
 1 ケアの人材崩壊
 2 ケアワーカーの賃金はなぜ安いか
 3 労働とサービスの商品化・非商品化
 4 労働と労働力
 5 不完全に商品化された労働力
 6 グローバリゼーションとケアワーク
 7 グローバリゼーションのインパクト
 8 再生産領域のグローバル化とケア労働の国際移転
 9 ふたたび「ケアの値段」をめぐって
第18章 次世代福祉社会の構想
 1 「市場の失敗」「家族の失敗」「国家の失敗」
 2 福祉多元社会の責任と負担の配分
 3 連帯と再分配
 4 ニーズ中心の福祉社会へ――「社会サービス法」の構想
 5 老・障・幼の統合へ
 6 誰と連帯するのか
 7 当事者運動へ向けて

あとがき
ケア関連年表
参考文献
人名索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:大谷 通高
UP: 20111006 REV:
ケア care  ◇社会学 sociology   ◇介助・介護   ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)