HOME > BOOK >

『天災と国防』

寺田 寅彦 20110609 講談社(講談社学術文庫2057),204p.

Tweet
last update:20151203

このHP経由で購入すると寄付されます


■寺田 寅彦 20110609 『天災と国防』,講談社(講談社学術文庫2057),204p.  ISBN-10: 4062920573 ISBN-13: 978-4062920575 760+税  [amazon][kinokuniya]

■内容

標題作「天災と国防」ほか、自らの関東大震災経験を綴った「震災日記より」、デマに対する考察「流言蜚語」など、 地震・津波・火災・噴火などについての論考やエッセイ全十二編を収録。平時における備えと災害教育の必要性など、 物理学者にして名随筆家ならではの議論はいまだに有効である。天災について再考するための必読書。(解説・畑村洋太郎)

「天災の被害を大きくするのは人災である」
悪い年回りはむしろいつかは回って来るのが自然の鉄則であると覚悟を定めて、良い年回りの間に充分の用意をしておかなければならないということは、 実に明白すぎるほど明白なことであるが、またこれほど万人がきれいに忘れがちなこともまれである。

「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその劇烈の度を増す」
「現代では日本全体が一つの高等な有機体である。各種の動力を運ぶ電線やパイプやが縦横に交差し、 いろいろな交通網がすきまもなく張り渡されているありさまは高等動物の神経や血管と同様である。 その神経や血管の一か所に故障が起こればその影響はたちまち全体に波及するであろう」――<本文より抜粋>

※本書は『寺田寅彦全集』『寺田寅彦随筆集』(岩波書店)を底本に、物理学者で随筆家でもある寺田寅彦の発表したもののなかから災害に関連するものを集め、 再構成したものです。

■著者略歴

1878年〜1935年。東京帝国大理科大学実験物理学科卒業。理学博士。東京帝国大理科大学教授。帝国学士院会員などを歴任。地球物理学者、随筆家。 身近な現象について科学的に考察する「寺田物理学」でも知られる。

■目次

天災と国防
火事教育
災難雑考
地震雑感
静岡地震被害見学記
小爆発二件
震災日記より
函館の大火について
流言蜚語
神話と地球物理学
津波と人間
厄年とetc.

解説 畑村洋太郎

■関連書籍

赤坂 憲雄小熊 英二・山内 明美 20110715 『「東北」再生』, イースト・プレス,141p. ISBN-10: 4781606539 ISBN-13: 978-4781606538 \1000+税  [amazon][kinokuniya]
◆山折 哲雄・赤坂 憲雄 20110901 『反欲望の時代へ――大震災の惨禍を越えて』,東海教育出版所,302p.  ISBN-10: 4486037200 ISBN-13: 978-4486037200 \1900+税  [amazon][kinokuniya]
赤坂 憲雄小熊 英二 編 20120520  『「辺境」からはじまる――東京/東北論』,明石書店,356p. ISBN-10: 4750335886 ISBN-13: 978-4750335889 \1800+税  [amazon][kinokuniya]
赤坂 憲雄 20140228 『震災考 2011.3-2014.2』,藤原書店,381p.  ISBN-10: 4894349558 ISBN-13: 978-4894349551 \2800+税  [amazon][kinokuniya]

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:北村 健太郎
UP:20151203 REV:
災害と障害者・病者  ◇住む暮らす  ◇科学技術と社会  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)