HOME > BOOK >

『ぼくはアスペルガー症侯群』

権田 真吾 201106 彩図社,143p.


このHP経由で購入すると寄付されます


■権田 真吾 201106 『ぼくはアスペルガー症侯群』,彩図社,143p. ISBN-10: 4883928004 ISBN-13: 978-4883928002 1000+ [amazon][kinokuniya] ※ dd.

■広告

場の空気が読めない、人付き合いが苦手、冗談が通じない……。 そんなアスペルガー症侯群の著者が語る、自身の体験談。 病気の特徴、会社勤めの大変さ、妻との事など、本人にしか 語れないエピソードばかりです。

内容(「BOOK」データベースより)

アスペルガー症候群とは、自閉症の中で知的発達の遅れがないものをいう。人づきあいが苦手、場の空気が読めない、冗談が通じないといった特性はあるが、知的な面で発達の遅れがないため、ほとんどのケースで「ちょっと変わったヤツ」と言われるくらいで、見過ごされてしまう。アスペルガー症候群の本人が語る体験談。

■著者


■目次


■言及

◆立岩 真也 20140825 『自閉症連続体の時代』,みすず書房,352p. ISBN-10: 4622078457 ISBN-13: 978-4622078456 3700+ [amazon][kinokuniya] ※

UP: 20140625 REV:
発達障害  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)