HOME > BOOK > MAGAZINES > 生存学研究センター報告 >

『日本における翻訳学の行方』

佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 20101220 生存学研究センター報告15,199p. ISSN 1882-6539 ※
English Page

last update: 20131015

佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 20101220 『日本における翻訳学の行方』,生存学研究センター報告15,199p. ISSN 1882-6539 ※

『日本における翻訳学の行方』表紙画像(クリックすると大きな画像で見ることができます)

 *ご希望の方は生存学研究センターにご連絡ください。送料実費でお送りできます。連絡先は以下です。
  生存学研究センター事務局 E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp
  TEL: 075-465-8475、内線: 2393(9:00〜17:30) FAX: 075-465-8342
  〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 立命館大学
 *他の書籍と一緒の場合

■編者より

 この度、生存学研究センター報告第15号「日本における翻訳学の行方――Translation Studies in the Japanese Context」を刊行いたしました。本センター報告は、2010年1月9日・10日に立命館大学衣笠キャンパスで開催された国際会議「日本における翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」の発表原稿または要旨を会議録としてまとめたものです。発表参加者は世界約12ヶ国から集まった42名です。
 1980年以降欧米ではTranslation Studies(TS)が学際的な学問として注目を集め、ヨーロッパでは欧州連合における公用語との関連から、また北米やオーストラリアでは移民の流入や多民族国家の帰結としての多言語社会の要請からTSは飛躍的に展開し、多くの大学で学科や修士・博士号の設置が進んでいます。しかし、日本はTSという領域からいまだに取り残されている(距離を置いている)という印象がぬぐえないのです。近年はTSを学問として勉強するために、オーストラリアやイギリスなどへ留学する日本人も増えてきていますが、日本では理論を含めた学際的な学としてのTSを総合的に学ぶことができる大学院はいまだに存在しないのです。
 このようなわけで、初めての国際カンファレンスを企画、開催し、さらには会議録や書籍などを刊行して、少しでもTSについて知ってもらいたいというのが、編者の意図です。
 本誌の内容は、国際会議での6つのパネルテーマと同様に「文学」「思想と歴史」「人類学」「オーディオヴィジュアルとメディア」「ポストコロニアリズムと権力」「コミュニティ通訳」に分かれています。論考の詳細については本文を読んでいただきたいのですが、それぞれが、学際的な学としてのTSを体現する多彩で刺激的な作品であり、特に若い方々の意欲的な論考は、日本における翻訳研究の今後の展開を期待させる内容となっています。
 本国際会議からのセレクテッド原稿が、読者層と現代性を考慮した4つの翻訳に関するテーマを柱とした書籍『トランスレーション・スタディーズ』(佐藤=ロスベアグ責任編集)として、2011年には東京のみすず書房から、また、2012年にはコンセプトの異なる英語書籍 Translation and Translation Studies in the Japanese Context(佐藤=ロスベアグ・若林ジュディ共編)がContinuumから刊行されることが決定しています。


■目次

◆まえがき 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 5

◆Foreword 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 8

□第一部 口頭発表(Part1 General Paper)

◆翻訳者,声と価値(Translators, Voices and Values) 18-9
  ヘルマンス テオ(Hermans, Theo: University College London); 佐藤=ロスペアグ・ナナ

◆翻訳で紫式部と清少納言を読む(Reading Murasaki Shikibu and Sei Shônagon in Translation) 20-1
  ヘンニチュック ヴァレリー(Henitiuk, Valerie: University of East Anglia); 湊 圭史 訳

◆和歌の翻訳の難しさ――狂女の心を映し出すレトリック
(The Challenges of Translating Poetry: Rhetoric to Invoke the Inner Landscape of the Madwoman) 22-9
  サバス 美苗(Yamamoto-Savas, Minae: Bridgewater State University)

◆明治・大正期の翻訳規範と日本近代文学の成立
(Translation Norms in Meiji and Taisho Periods and the Formation of Modern Japanese Literature) 30-1
  水野 的(Mizuno, Akira: Rikkyo University)

◆白話から読本まで――唐通事岡島冠山の軌跡
(From Hakuwa to Yomihon and Beyond: Tôtsuji Okajima Kanzan and his Legacy) 32-9
  岡山 恵美子(Okayama, Emiko)

◆福沢諭吉の西洋思想の翻訳と受容――ポストコロニアル翻訳理論を視座に
(Translation, Power, Postcoloniality: Fukuzawa Yukichi's Translation of the West) 40-1
  内山 明子(Uchiyama, Akiko: University of Queensland)

◆日本語関連の翻訳研究――最近の動向(A Survey of Translation Reserch in the Japanese Context) 42-3
  武田 珂代子(Takeda, Kayoko: Monterey Institute of International Studies)

◆文化を翻訳する――アイヌの口頭伝承から日本語へ
(Translating Culture - Ainu Oral Tradition to Japanese) 44-5
  佐藤=ロスペアグ ナナSato-Rossberg, Nana: Ritsumeikan University)

◆伝統を伝達する通訳の試み――能の稽古を同時通訳する
(Translating Traditional Transmission: Challenges of Interpreting Noh Practice) 46-53
  サルズ ジョナ(Salz, Jonah); 湊 圭史 訳

◆日本の放送メディアにおけるAVT(Audiovisual Translation in Japanese Broadcast Media) 54-61
  稲生 衣代(Ino, Kinuyo: Aoyama Gakuin University); Translated by Keiji Minato

◆日本における韓流ドラマの翻訳とジェンダー――「冬のソナタ」を中心に
(Translation of the Korean Drama in Japan in Gender Perspective: Focusing on the "Winter Sonata") 62-9
  山下 英愛(Yamashita, Yeong-Ae: Ritsumeikan University); Translated by Midori Hiraga

◆ゲームの海外移植――創作翻訳により生まれ変わる日本のテレビゲーム
(Giving It New Blood?: Transcreating a Japanese Video Game) 70-1
  オヘイガン 統子(O'Hagan, Minako: Dublin City University)

◆フランスにおける翻訳論の現状と日本文学のフランス語訳をめぐって
  ――川端康成から村上春樹に至る文化的アイデンティティの構築プロセスについて
(The State of French Translation Theories and the Case of Japanese Literature Translated into French:
   The Construction Process of Cultural Identities from Kawabata Yasunari to Murakami Haruki) 72-3
  坂井 セシル(Sakai, Cécile: Paris Diderot-Paris 7 University)

◆翻訳とアジア的都会主義のトランスカルチャー消費――中国語圏における村上春樹
(Translation and the Trans-cultural Consumption of Asian Cosmopolitanism:
   Murakami Haruki in the Sinophone Sphere) 74-80
  クリーマン 阮 フェイ(Kleeman, Yuan Faye: University of Colorado); 川端 浩平 訳

◆「世界文学としての日本文学」――近現代日本文学におけるプリトランスレーションが意味するもの
(Making Japanese Literature Fit for World Literature:
   Pre-Translation in Modern Japanese Literature and What It Tells Us about 'World Literature') 82-3
  日地谷=キルシュネライト イルメラ(Hijiya-Kirschnereit, Irmela: Freie Universität Berlin); 川端 浩平 訳

◆移行する文脈における日本語――日系カナダ人の日本語から日本の日本語への翻訳
(Japanese in Shifting Contexts: Translating Canadian Nikkei Writers into Japanese) 83-4
ベヴァリー カレン(Beverley Curren: Aichi Shukutoku University); 川端 浩平 訳

◆韓国における日本文学の‘翻訳生産’研究――歴史小説『徳川家康』を中心に
(Study of 'Translation Production' of Japanese Literature in Korea:
   The Case of a Historic Novel, Tokugawa Ieyasu) 85-6
  李 宣ユイ*(Lee, Sun-yi: KyungHee University); Translated by Midori Hiraga
  (*)土偏に尼

◆浮遊する列島/漂流する理論――近現代日本におけるポストコロニアル批評理論と翻訳をめぐる問い
(Floating Islands / Drifting in Japan) 87-8
  ガブラコバ デニッツァ(Gabrakova, Dennitza: City University of Hong Kong); 川端 浩平 訳

◆コミュニティー通訳の現状と課題
(The Present Situation of and the Challenges for Community Interpreting in Japan) 89-97
  水野 真木子(Mizuno, Makiko: Kinjo Gakuin University); Translated by Midori Hiraga

◆中国帰国者の支援制度からみるコミュニティ通訳の現状と課題
(The Present Condition and Problems of Community Interpreters under the Supporting System for Returnees
   from China) 98-9
  飯田 奈美子(Iida, Namiko: Ritsumeikan University); Translated by Midori Hiraga

◆日本における法廷通訳人の試み――通訳人の役割とは何か?
(Trials of a Court Interpreter in Japan: What Exactly is the Role of a Courtroom Interpreter in Japan?) 100-6
  木田 パルビン(Kida, Parvin: Gifu Shoutoku Gakuin University); 川端 浩平 訳

◆日本の法廷における言語等価性維持の課題――被告人母語が主要外国語でない場合
(How to Interpret and Keep Language Equivalency for Defendants who Speak Less Common Languages in
   Japan) 107-12
  毛利 雅子(Mouri, Masako: Nanzan University); Translated by Midori Hiraga

◆日本における翻訳研究――より広い視点から
(Situating Translation Studies in Japan within a Broader Context) 113-4
  若林 ジュディ(Wakabayashi, Judy: Kent State University); マコーマック ノア 訳

□第2部 院生ワークショップ(Part2 Graduate Students Workshop)

◆小學讀本の翻訳規範と異化的翻訳の受容
(Acceptance of "Foreignization" in Translation and School Textbooks in Meiji Era(1868-1912)) 119-20
  南條 恵津子(Nanjo, Etsuko: Kobe College); Translated by Midori Hiraga

◆日本とイギリスにおける学術工学――ランキン教科書の翻訳
(Academic Engineering in Britain and Japan: Rankine's Vision in Translation) 121-5
  ミード ラッセル(Meade, Ruselle: University of Manchester); 川端 浩平 訳

◆葛城の神仏習合神話――言説翻訳の一事例
(The Shinto-Buddhist Mythology of Katsuragi:
   A Case Study for Understanding Inter-Discursive Translation) 126-7
  タツマ パドアン(Tatsuma, Padoan: University of Venice and LISaV / Keio University); 湊 圭史 訳

□第3部 ポスターセッション(Part3 Poster Session)

◆中国における谷崎文学の翻訳と研究――1980年以降を中心に
(Translation and Studies of Tanizaki Junichiro's Literature in China since 1980) 130-5
  尹 永順(Yin, Yongshun: Kobe University)

◆『西国立志編』における多層的読者の存在
(Multi-form of Reading in Saigoku-Risshihen Translation of S. Smiles's Self-Help by Masanao Nakamura)
 136-41
  岡田 清鷹Okada, Kiyotaka: Ritsumeikan University); Translated by Midori Hiraga

◆村上春樹が世界のハルキ・ムラカミになるまで――様々な「エージェント」の役割
(Chasing Wild Sheep After Dark: The Role of Various Agents in Translating Murakami Haruki for the
   International Market) 142-3
  辛島 デイヴィッド(Karashima, David James: Universitat Rovira i Virglli); 川端 浩平 訳

◆明治のジュリアス・シーザーと政治(The Politics of Julius Caesar in Meiji Japan) 144-5
  アラゴン クイン(Aragon, Quinn: Stanford University); 湊 圭史 訳

◆日本の文学翻訳研究への社会学的アプローチ
(A Case in Sociological Approach to Literary Translation in Japan) 146-51
  佐藤 美希(Miki Sato: Sapporo University)

◆翻訳におけるファン――ファンによる日本語のテレビ番組の翻訳の調査
(Fans in Translation: An Exploration of Japanese Television Programs Translated by Funs) 152-3
  タン ジン ケン(Tan, Gin Kien: Ritsumeikan Asia Pacific University); 湊 圭史 訳

◆「翻訳」される遊牧民と土地の関係――移行期モンゴルの放牧地に関する諸法令の分析から
(Translating the Legal Relationship between Nomads and Land:
   Analysis of Legal Structures relative to Pasture Land in the Transition Period in Mongolia) 154-5
  富田 敬大Tomita, Takahiro: Ritsumeikan University); Translated by Midori Hiraga

◆ダンス・ウィズ・ガールズ――『伊豆の踊子』英訳比較
(Dances with Girls: Translating Kawabata's Izu no odoriko) 156-7
  ドノバン リチャード(Donovan, Richard: Nagoya University of foreign Studies); 湊 圭史 訳

◆イタリアにおけるアニメ翻訳の推移と展望(Changes and Perspective of Anime Translation in Italy) 158-63
  花田 麻里子(Hanada, Mariko: Università degli studi di Roma la Sapienza)

◆教育における翻訳の方法(Application of Translation Studies in Education) 164-71
  林 圭介(Keisuke, Hayashi: Hosei Junior and Senior High School); Translated by Midori Hiraga

◆支援技術を用いた触覚言語への通訳(Assistive Technology of Translating on Tactile Language) 172-3
  韓 星民青木 慎太朗植村 要Han, Sungmin, Kaname Uemura & Shintaro Aoki: Ritsumeikan University)
  広瀬 浩二郎(Hirose, Kojiro: National Museum of Ethnology[MINPAKU])

◆「多文化主義」コミュニティの文化翻訳――川崎市と韓国安山市の事例
(Inter Cultural Translation of "Multiculturalism" Communities:
   Case Studies of Kawasaki City (Japan) and Ansan City (South Korea)) 174-9
  番匠 健一原 佑介Banjho, Kenichi & Yusuke Hara: Ritsumeikan University)

◆日本とフランスの文藝翻訳者――相違する不可視性
(Literary Translators in Japan and France: Different Invisibilities) 180-4
  ビロドー イザベル(Bilodeau, Isabelle: Concordia University / Nagoya University); 川端 浩平 訳

◆中小企業の CEO Letters 比較研究――Anglo-American の『読み易さ』の視点から
(A Comparative Study of CEO Letters between U.S. and Japanese Companies towards Ease-of-Read in    Anglo-American Conversarions) 185-90
  森脇 可奈子(Kanako Moriwaki: Ritsumeikan University)

◆国際ニュース報道記事の翻訳における翻訳学の新展開
(New Perspectives on Translation Studies: Localization and the Translation of International News Coverage)
191-6
  山田 優・河原 清志(Yamada, Masaru & Kiyoshi Kawara: Rikkyo University);


■編者紹介

佐藤=ロスペアグ・ナナ
立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー

渡辺 公三
立命館大学大学院先端総合学術研究科教授
グローバルCOE『生存学』創成拠点 事業推進担当者


■編集協力者(翻訳)

平賀 緑Hiraga, Midori
立命館大学大学院先端総合学術研究科英語論文指導スタッフ
食・農・環境NGO 手づくり企画「ジャーニー・トゥ・フォーエバー」共同代表

◆川端 浩平(Kawabata, Kohei)
関西学院大学特任助教

◆マコーマック ノア(McCormack, Noah)
京都産業大学准教授

◆湊 圭史(Minato, Keiji)
立命館大学講師


UP: 20101228 REV: 20110121, 0801, 20120208, 0410, 20130415, 1015
国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」  ◇生存学創成拠点の刊行物  ◇テキストデータ入手可能な本  ◇身体×世界:関連書籍 2010-  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)