HOME > BOOK >

『「共に学ぶ」教育のいくさ場――北村小夜の日教組教研・半世紀』

志澤 佐夜 編 20101120 現代書館,178p.

Tweet
last update: 20151122

このHP経由で購入すると寄付されます


■志澤 佐夜 編 20101120 『「共に学ぶ」教育のいくさ場――北村小夜の日教組教研・半世紀』,現代書館,178p. ISBN-10: 4768435092 ISBN-13: 978-4768435090 \1785 [amazon][kinokuniya] ※ e19

■内容

[外部リンク]現代書館HPより
1959年から2006年までの,一教師として反差別・共に学ぶ教育を求めて通い続けた日教組教育研究集会(退職後,93年から01年までは障害児教育分科会の共同研究者として参加)の記録.変容する教育現場・教育労働運動の貴重な証言.

■目次

一 教研に行く 5
 初めての教研集会 5
 教研は私の力 10
 斉藤善博さんについて 11
 記念講演が楽しみだった 14

二 障害児教育分科会 19
 障害児教育分科会に参加するまで 19
 高知から障害児教育分科会に 20
 共同研究者になって 24
 障害児教育分科会だからできたこと 27
 発達保障とは? 31

三 特殊学級の教員になるということ 52
 養護学校義務化の意味 52
 一緒がいいならなぜ分けた 56
 養護学校義務化の波の中で 60

四 自主研のことと対策会議のこと 66
 伝習館闘争から始まった 66
 障害児教育分科会対策会議 68
 変われないことと,変わること 79
 レポート検討会を経て変わったこと 80
 運動と実践 81

五 特別支援教育をめぐって 93
 特別支援教育をどう評価するか 93

六 教研の高校問題 102
 高校に行きたい,ではどうすればいいか? 102
 運動ができる時代を超えて 106
 適格主義に縛られている 108
 僕がやったら,5と6の足し算できました 112
 特別支援学校の問題 117

七 私にとっての教研 130

八 座談会・共同研究者を辞めることにした――石川憲彦さんを囲んで(出席者 石川憲彦・北村小夜・小島靖子・斎藤幸嗣・島治伸・長谷川律子・松村敏明・山口正和) 137
 教研で学ばせてもらった 137
 第三十一次広島教研から共同研究者になった 143
 特別支援教育がもたらす現実 147
 教育と医療を考える 153
 子どもを分けることに抵抗がなくなった 159
 教研の中でことばが通じなくなった 161

九 担当者の教研 166
 甲府教研の速報 166
 教研のはじめ 167
 担当者の仕事 168
 広島教研 170
 日教組教文局 172
 教研の内面的課題 173
 最後に 174

あとがき 北村小夜さんと教研 175

■引用


■書評・紹介

201012** 「『「共に学ぶ」教育のいくさ場――北村小夜の日教組教研・半世紀』志澤佐夜編」『インパクション』177: 148.

■言及

◆立岩 真也 2018 『不如意の身体――病障害とある社会』,青土社 文献表


UP: 20110323 REV: 20151122
北村 小夜  ◇病者障害者運動史研究  ◇障害者と教育  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)