HOME > BOOK >

『個別労働関係紛争処理事案の内容分析――雇用終了、いじめ・嫌がらせ、労働条件引き下げ及び三者間労務提供関係 労働政策研究報告書No.123』

労働政策研究・研修機構 20100610 労働政策研究・研修機構,192p.

Tweet
last update:20150909


■労働政策研究・研修機構 20100610 『個別労働関係紛争処理事案の内容分析――雇用終了、いじめ・嫌がらせ、労働条件引き下げ及び三者間労務提供関係 労働政策研究報告書No.123』,労働政策研究・研修機構,192p. ※r

■目次

序章 調査研究の目的と概要
 第1節 調査研究の目的と方法
 第2節 報告書の概要
第1章 個別労働関係紛争あっせん事案の概要(量的把握)
第2章 雇用終了事案の分析
 第1節 はじめに
 第2節 雇用終了事案の統計的分析
 第3節 雇用終了理由類型ごとの内容分析
 第4節 集団的あっせん申請
第3章 労働局のあっせん事案にみる職場のいじめ・嫌がらせ・ハラスメントの実態
 第1節 はじめに
 第2節 いじめ紛争の実態
 第3節 都道府県労働局におけるいじめ事案のあっせん処理
 第4節 まとめと今後の課題
第4章 労働条件引下げと事例の量的把握
 第1節 はじめに
 第2節 4局における労働条件引下げ事例の量的把握
 第3節 紛争発生の類型
 第4節 紛争解決の類型
 第5節 紛争解決の事例(労働条件の引下げを解消し、継続勤務しているケース)
 第6節 人事労務管理の課題
第5章 三者間の労務提供関係における個別労使紛争の実態と課題
 第1節 はじめに
 第2節 三者関係紛争の数量的把握
 第3節 三者関係事案の紛争類型とその特徴
 第4節 紛争事例の紹介と分析
 第5節 まとめ


*作成:安田 智博
UP:20150909 REV:
報告書・資料等 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)