HOME > BOOK >

『医傑凌雲』

林 洋海 20100610 三修社,277p.

Tweet
last update:20151210

このHP経由で購入すると寄付されます


■林 洋海 20100610 『医傑凌雲』,三修社,277p. ISBN-10:4384043406 ISBN-13:978-4384043402 1900+ [amazon][kinokuniya] ※ npo

■内容

死の間際まで、貧民医療への情熱は衰えなかった。いつも心には、パリで学んだオテル・デューの思い出が輝いていた。凌雲が最期まで訴えたのは「病は貧困がつくる、貧困は病がつくる」という信念からだった。―日本の赤十字活動の魁、高松凌雲の生涯を描き切る。

■著者紹介

林洋海[ハヤシヒロミ]
1942年福岡県生まれ。久留米商業高校卒業。トッパンアイデアセンターを経てP&Cクリエティブディレクター。AGIOデザイン主宰。2007年より戊辰戦争をテーマに小説を書き始める。福岡アジアデザイン交流協会会長。日本グラフィックデザイナー協会会員。星亮一戊辰戦争研究会相談役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

パリの春
青雲の志を抱いて
生涯の師との出会い
幕府奥詰御医師を拝命
パリで最先端医学を学ぶ
幕臣として義に尽くす凌雲
北天に共和国建設の夢
戦場に輝く赤十字精神
人道を知る敵将との出会い
死の淵からの再起
至誠一貫、心は常にオテル・デュー

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP:20151210 REV:
NPO  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)