HOME > BOOK >

『リハビリの夜』

熊谷 晋一郎 20091215 医学書院,260p.


このHP経由で購入していただけたら感謝

熊谷 晋一郎 20091215 『リハビリの夜』,医学書院,260p. ISBN-10: 4260010042 ISBN-13: 978-4260010047 2100 [amazon]//[kinokuniya] ※ b02.

■出版社/著者からの内容紹介

痛いのは困る。気持ちいいのがいい。

現役の小児科医にして脳性まひ当事者である著者は、18歳のとき、それまで幼少期から毎日欠かさず行ってきたリハビリをやめた。「健常な動き」を目指すことを諦めたのだ。
都会で一人暮らしを始めた著者は、しかし意外なことを発見する。《他者》や《モノ》たちが、《私》の身体を突き動かすのだった。
女子との腹這い競争に負けたときに襲ってきた強烈な刺戟、リハビリキャンプでトレーナーからの授けられた快感と恐怖、初めて電動車いすに乗ったときのめくるめく感覚――。
身体接触をたよりに「官能的」に自らの運動を立ち上げるまでを、鮮烈な文体で語り尽くした驚愕の書。


■著者
熊谷 晋一郎
熊谷晋一郎さん=32歳は脳性まひ当事者。東京大学医学部卒業後、小児科医として病院勤務。2009年秋より東京大学先端科学技術研究センター特任講師も兼任。
■目次 ■紹介・引用

■書評・言及


*作成:竹中 聖人
UP: 20091215 REV:
身体  ◇医学書院の本より  ◇身体×世界:関連書籍 2005-  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)