HOME > BOOK >

『コーダの世界――手話の文化と声の文化』

澁谷 智子 20091001 医学書院,241p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■澁谷 智子 20091001 『コーダの世界――手話の文化と声の文化』,医学書院,241p. ISBN-10: 4260009532 ISBN-13: 978-4260009539 \2100 [amazon][kinokuniya]

■内容

こんな世界、知らなかった! 親が振り向いてから泣く赤ちゃん。
声を出さずに口のかたちで話す子ども。
親への苦情電話を親に通訳しなければならなかった小学生。
目をじっと見すぎて「オレに気があるのか」と誤解されてしまった若い女性。
手話が「言語」であり「文化」であることが心から納得できる、刮目のコミュニケーション論。

■目次 ■著者紹介
澁谷智子(しぶや・ともこ)
1974年生まれ。東京大学教養学部卒業後、ロンドン大学ゴールドスミス校大学院社会学部 Communication Culture and Society 学科修士課程、東京大学大学院総合文化研究科修士課程・博士課程で学ぶ。学術博士。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、埼玉県立大学非常勤講師。専門は、比較文化研究・社会学
■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治
UP: 20091112 REV:
聴覚障害・ろう(聾)  ◇医学書院の本より  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)