HOME > BOOK >

『希望を捨てる勇気――停滞と成長の経済学』

池田 信夫 20091008 ダイヤモンド社,243p.

last update:20110506

このHP経由で購入すると寄付されます

■池田 信夫 20091008 『希望を捨てる勇気――停滞と成長の経済学』,ダイヤモンド社,243p. ISBN-13: 978-4478011928 ASIN: 4478011923 \1680 [amazon][kinokuniya] ※ p06 e05

■内容

内容紹介
本書は、気鋭の論客が語る日本経済「再起動」のための処方箋です。著者独自の鋭い語り口で、日本経済の現状を分析して、どうしたら展望が開けるかを解説します。小泉改革は本当に悪かったのか? 派遣労働は禁止すべきなのか? といった話題なども取り上げつつ「常識のウソ」を正します。「失われた20年」はなぜ生じたのか? この閉塞感は、いったいどこからきているのか? がわかる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
日本経済の「失われた20年」はなぜ生じたのか?この閉塞感は、いったいどこからきているのか?気鋭の経済学者、ブロガーの著者による日本経済「再起動」のための処方箋。

■目次

はじめに
第1章 格差の正体
第2章 ノンワーキング・リッチ
第3章 終身雇用の神話
第4章 長期停滞への道
第5章 失われた20年
第6章 景気対策の限界
第7章 日本株式会社の終焉
第8章 「ものづくり立国」の神話
第9章 イノベーションと成長戦略
おわりに

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:大谷 通高
UP: 20110506 REV:
貧困 ◇経済(学) economics  身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)