HOME > BOOK >

『独居45』

吉村 萬壱 20090925 文藝春秋,195p.

Tweet
last update:20160729

このHP経由で購入すると寄付されます

吉村 萬壱 20090925 『独居45』,文藝春秋,195p.  ISBN-10: 4163281800 ISBN-13: 978-4163281803 1619+税  [amazon][kinokuniya] ※

■内容

くたびれた一戸建て(平屋・貸家)に引っ越してきた男(45歳、作家、独居)。 やがて、夜となく昼となく呻き声・悲鳴・絶叫が漏れ、屋根には血塗れの全裸女(マネキン)と巨大な赤剥けの手(粘土細工)が据えられ、はては探検を仕掛けた小学生が……。 眠ったような町の住人、自殺しそこなった老人、うつの主婦、つやつや教信者の理髪店主、鳥インフルエンザにおびえる会社員等々と独居男がくりひろげる阿鼻叫喚のご近所狂詩曲。

■目次

■関連書籍

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:北村 健太郎
UP:20160729 REV:
文学/翻訳学/通訳と生存  ◇老い  ◇居住/住居  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)