HOME > BOOK >

『「本」を遊ぶ――神田橋條治書評集』

神田橋 條治 20090920 創元社,237p.

last update:20110406

このHP経由で購入すると寄付されます

■神田橋 條治 20090920 『「本」を遊ぶ――神田橋條治書評集』,創元社,237p. ISBN-10:4422114271 ISBN-13:978-4422114279 \2415 [amazon][kinokuniya] ※

■内容

どのような書物を選び、それらから何を感じ何を読み取るか。そこに個性があり、その人らしさがある。著者は独自の感性で切り取った本の世界とたわむれ遊ぶ。そこでの連想は、読む者をさらなる連想へと誘う。時系列に並んだ連想群は、わが国の精神医学・医療の歴史を俯瞰し、未来へ向けての著者の祈りを伝える。

■著者

鹿児島県生まれ。1961年に九州大学医学部を卒業後、1984年まで同大学医学部精神神経科、精神分析療法専攻。1971年から1年間、モーズレー病院ならびにタビストックに留学。精神科医。現在、伊敷病院に勤務(非常勤)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

1 ロンドン体験(一九七一〜七三)
2 心を閉ざすことへの注目(一九七四〜七八)
3 スタイルの完成(一九七九〜八四)
4 老いへ向けて(一九八五〜八八)
5 実務と指導の日々(一九八八〜九五)
6 還暦(一九九六〜二〇〇一)
7 蝶のように(二〇〇二〜〇五)
8 古稀(二〇〇六〜)

■引用

■書評・紹介

■言及




*作成:山口 真紀
UP: 20110406 REV:
精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)