HOME > BOOK >

『うつ病――知る・治す・防ぐ』

福居 顯二・井上 和臣・河瀬 雅紀 20090810 金芳堂, 216p.

Tweet
last update:20170628

このHP経由で購入すると寄付されます


■福居 顯二・井上 和臣・河瀬 雅紀 20090810 『うつ病――知る・治す・防ぐ』, 金芳堂, 216p. ISBN-10: 4765313867 ISBN-13: 978-4765313865 3800+ [amazon] [kinokuniya]

■内容

■目次

1 章 うつ病の概念
 1 概念の歴史的経過
 2 臨床分類
 3 躁うつ病との病態の違い
 4 うつ病の疫学
2 章 うつ病の成因
 1 生物学的要因
 2 心理社会学的要因
3 章 うつ病の診断
 1 どのような症状があるか(症候学)
 2 面接(問診)の手順とそのポイント
 3 診断へのポイント
 4 うつ状態とうつ病
4 章 世代によるうつ病
 1 子どものうつ病
 2 思春期・青年期のうつ病
 3 周産期うつ病・更年期障害
 4 男性更年期障害
 5 初老期・老年期のうつ病
 ? 5 章 種々のうつ病
 1 身体疾患によるうつ病
 2 アルコールによるうつ病
 3 治療薬剤によるうつ病
 4 仮面うつ病
 5 非定型うつ病
 6 季節性感情障害
 7 緩和医療におけるうつ病
6 章 軽症うつ病の増加とその対策
7 章 うつ病と他の精神疾患とのcomorbidity
 1 アルコール依存
 2 摂食障害
 3 不安障害との合併
 4 パーソナリティ障害
8 章 治療
 1 薬物療法
 2 精神療法
 3 カウンセリング
 4 電気けいれん療法(ECT : electroconvulsive therapy)
9 章 面接での留意点
 1 治療同盟の確立
 2 説明と同意
 3 慢性化
 4 二重の協働作業
10 章 うつ病のリハビリテーション
11 章 臨床研修医や他科診療医がうつ病にどう接するか
 1 プライマリケア医のためのうつ病診断へのポイント
 2 専門医への紹介の必要なケース
12 章 うつ病と自殺予防
13 章 うつ病の予防とストレス・マネジメント(学校,職場,地域のメンタルヘルス)
14 章 現代のうつ病像の変化
15 章 これからのうつ病を考える

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:シン・ジュヒョン
UP: 20170628
身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)