HOME > BOOK >

『連続講義「いのち」から現代世界を考える』



このHP経由で購入すると寄付されます

高草木 光一 編 20090612 『連続講義「いのち」から現代世界を考える』,岩波書店,307p. ISBN-10: 400022171X ISBN-13: 978-4000221719 [amazon][kinokuniya] ※

表紙をクリック→[amazon]で購入できます
『連続講義「いのち」から現代世界を考える』

■岩波書店のHP http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/X/0221710.html

生命を操作することすら可能になった今日,人類の未来図はどう描けるか.現代史においてベトナム戦争が象徴的に突きつけた,「いのち」の値段に格差があるという矛盾に満ちた状況をどう乗り越えるか.東アジアの伝統医学からも手がかりを得て,あたりまえの「くらし」を起点に等身大の生命観を提示すべく立場の異なる18人が論じた記録.

■著者紹介

〈高草木光一〉1956年生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。同大学経済学部教授。

■目次 *これから掲載します

はじめに 高草木光一
第1部 「いのち」をめぐる現在
第1章 生体移植,脳死・臓器移植
  日本の医療と臓器移植法改正 河野太郎
  生体移植,脳死・臓器移植がもたらす未来 山口研一郎
  《対論》
第2章 遺伝子操作,生殖医療
  生命操作と生命観 福岡伸一
  先端医療の現場と生命観 迫田朋子
  《対論》
第3章 優生思想と自己決定権
   ウーマン・リブの現場から 長沖暁子
  「いのちの倫理」を考える 田中智彦
  《対論》
第2部 人類史のなかの「いのち」
第1章 ウイグルの視点,チベットの視点
  癒す力――ウイグルの文化と医学 マリア・サキム
チベット医学が現代に貢献できること 小川 康
《対論》
第2章 『医心方』の倫理観,神道の自然観
  『医心方』の倫理観 槇 佐知子
  神道の自然観 鎌田東二
  《対論》
第3章 宗教と医学の間
  「いのち」の社会・文化史に向けて 島薗 進
第3部 「いのち」の同時代史のために
第1章 「いのち」の闇
  報道写真家としての岡村昭彦 米沢 慧 167-177
  エイズと日本社会 吉岡 忍
《対論》
第2章 揺らぎのなかの「いのち」
  「いのち」の軽さ 最首 悟 199-215
  「いのち」をめぐる断章  立岩 真也 216-224
  《対論》 最首 悟立岩 真也 225-231
《対論》
第3章 「いのち」の構築
  親子はいま内戦状態にある 芹沢俊介
  紛争の実態と反戦の論理 伊勢崎賢治
  《対論》
第4部 われわれはいまどんな時代に生きているのか(座談会)  最首 悟・島薗 進・山口研一郎・高草木光一
  あとがき 高草木光一
人名索引
フォト・ストーリー「いのち」 大村次郷

■言及

◆立岩 真也 2011/01/01 「人間の特別?・2――唯の生の辺りに・10」,『月刊福祉』2011-1

◆立岩 真也 2013 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版


UP:20090615 REV:20100316, 1106, 20130207
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)