HOME > BOOK >

『いのちの環境情報学』

島田 久美子 20090606 遊友出版,205p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■島田 久美子 20090606 『いのちの環境情報学』,遊友出版,205p. \1260 ※

■内容

■目次
目次
はじめに
第1章 生命と情報
 1 生命情報の複雑さ
 2 遺伝情報の伝達
 3 減数分裂の不思議
 4 刺激に反応する神経
 5 生物の進化とDNA
 6 生物と環境
 コラム 私たちのご先祖様
 7 生物のコミュニケーションの発達―原始から現代まで―

第2章 生命と環境
 1 日本の公害――水俣病と四日市ぜんそく
 2 書籍によるさまざまな啓蒙、警告
 3 DNA損傷の恐怖
 4 地球環境を生態系から捉える
 5 多様性が種の保全を助ける
 コラム 奇麗好き
 6 環境保護への国際的取組み

第3章 情報化社会
 1 コンピューターの登場
 2 コンピューターとヒトゲノム
 コラム 技術決定論
 3 インターネットの時代
 4 情報化と経済社会
 5 情報化社会の現実と理想
 6 望ましい情報化社会

第4章 生命・環境・情報を総括して
 1 同一性を保つことと多様性を作り出すこと
 2 有限の生命が希求し続ける無限とは
 3 コントロール可能なことと不可能なこと
 4 生命を考えるのは長期ビジョンで、短期ビジョンは危険
 コラム 人類の夢

おわりに

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治
UP:20090814 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)