HOME > BOOK >

『患者の言い分と健康権』

井上 英夫 20090530 新日本出版社,236p.

Tweet
last update:20161205

このHP経由で購入すると寄付されます


■井上 英夫 20090530 『患者の言い分と健康権』,新日本出版社,236p. ISBN-10:4406052488 ISBN-13:978-4406052481 1600+ [amazon][kinokuniya] ※ d/ms

■内容

[amazon]より

井上 英夫
 金沢大学地域創造学類教授、大学院人間社会環境研究科科長。1947年、埼玉県秩父市生まれ。1986年に金沢大学に赴任。専門は社会保障法、福祉政策論。日本社会保障法学会代表理事、厚労省ハンセン病問題検討会委員長などを歴任。金沢市障害者施策推進協議会会長、全国老人福祉問題研究会会長、高齢者運動基金理事長。病気、障害などにより「固有のニーズ」をもつ人々の人権保障に重点をおいた仕事をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 。

■目次

1 患者の言い分―生存権から健康権へ
2 人権って何だろう―サッカーからハンセン病まで
3 戦争と人間の尊厳―外から日本を考える

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20161205 REV:
医療/病・障害 と 社会 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)