HOME > BOOK >

『障害者条例を必要としているあなたへ――たったひとつから全国のまちへ』

千葉県障害者条例情報発信プロジェクトチーム 編集 20090305 ぎょうせい,198p.

last update:20120120

このHP経由で購入すると寄付されます

■千葉県障害者条例情報発信プロジェクトチーム 編集 20090305 『障害者条例を必要としているあなたへ――たったひとつから全国のまちへ』,ぎょうせい,198p. ISBN-10:4324086753 ISBN-13:978-4324086759 \2000 [amazon][kinokuniya] ※ ds ms m d04 e19

■内容

■目次

はじめに

第1編 条例づくりのプロセス
 第1章 「健康福祉千葉方式」の誕生
  第1節 白紙の段階からの議論の始まり
  第2節 「民」主導のタウンミーティング
  コラム「障害者政策の分水嶺」
 第2章 県民が主役となった条例の草案づくりの経過
  第1節 条例づくりの契機
  第2節 千葉県障害者地域生活づくり宣言
  第3節 障害者差別にあたると思われる事例の募集
  第4節 障害者差別をなくすための研究会
  エピソード「傍聴者の思い」
  第5節 研究会の議論から生まれた条例の基本理念
  第6節 精神障害者も声をあげた
  コラム「当事者も声をあげた条例とその後について」
 第3章 県議会での議論
  第1節 条例案の提案へ
  第2節 関係団体からの意見聴取
  第3節 6月議会へ
  第4節 条例案の撤回
  第5節 県内で開催された勉強会
  第6節 常任委員会協議会
  第7節 条例の成立
  コラム「条例の成立にあたって」

第2編 どのような条例なのか
 第1章 障害者条例の政策的な背景
  第1節 わが国における障害者施設の展開
  第2節 障害者の人権を巡る国際的な潮流
  コラム「障害者の人権を巡る国際的な議論の高まりと千葉県における条例制定の意義」
  第3節 分権時代における条例制定の意義
 第2章 条例の概要
  第1節 条例の基本構造
  第2節 差別を解消するための3つの仕組み
 第3章 条例の論点
  (1)条例の名称
  (2)「障害」の定義
  (3)差別の定義
  (4)福祉サービスにおける不利益取扱い
  (5)医療における不利益取扱い
  (6)商品・サービスの提供における不利益取扱い
  (7)労働者の雇用における不利益取扱い
  (8)教育における不利益取扱い
  (9)建物等・公共交通機関の利用における不利益取扱い
  (10)不動産取引における不利益取扱い
  (11)情報の提供等における不利益取扱い
  (12)差別の禁止と適用除外
  (13)罰則の取扱い
  (14)中立・公正の確保
  (15)公表規定の削除
  コラム「明日の地域社会へと誘なう『障害者条例』」

第3編 施行後の状況
 第1章 個別事案の相談活動の状況
  第1節 相談活動の実施体制
  第2節 個別事案解決の流れ
  第3節 見えてきた課題
   (1)第三者による合意形成の有効性
   (2)相談活動の課題
   (3)今後に向けて
 第2章 障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくりを幅広い県民運動へ
  (1)推進会議〜構造的に繰り返される課題への対応
  (2)推進会議の仕組み
 第3章 条例を地域で活かす
  第1節 施策提案型事業
   (1)意義
   (2)公募選定
  第2節 具体的な事業展開
   (1)条例を医療に活かす
   (2)医療機関に対する条例趣旨の啓発事業
   (3)条例を医療に活かし、自閉症や知的障害のある人達と医療機関とのよりよい関係を求めていくための事業
   (4)障害者の歯科受診バリアフリー化事業
   (5)条例をお店づくりに活かす――優しいお店づくりプロジェクト事業
   (6)条例をまちづくりに活かす――バリア・バリアフリー体験教室&やってみようまち探検実践推進事業
  コラム「成熟した市民社会への挑戦」
  おわりに

〈参考資料〉

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20120120 REV:
障害学(Disability Studies) ◇医療/病・障害と社会 ◇精神障害/精神医療 ◇差別 discrimination ◇障害者と教育  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)