HOME > BOOK >

『小児救急』

鈴木 敦秋 20081212 講談社(講談社文庫),464p.

last update: 20110512

このHP経由で購入すると寄付されます

■鈴木 敦秋 20081212 『小児救急』(講談社文庫),講談社,464p. ISBN-10: 4062761998 ISBN-13: 978-4062761994 \780 [amazon][kinokuniya] ※ c10 ms

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
深刻な医師不足による激務で、自殺に追い込まれた小児科医。誤診、たらいまわしで幼い命を落とした子どもたち―崩壊寸前の危機に瀕する小児医療。「子どもたちの未来のために、私たちができることは何か」気鋭の新聞記者が真摯に問いかける。全国で起こった母親たちの新たな動きを大幅加筆して文庫化。

■目次

第1章 ある小児科医の自殺
  ―中原利郎医師(四四歳)の場合
    (八月一六日 小児科医は天職だ」 ほか)
第2章 たらいまわし
  ―岩手県一関市・佐藤頼ちゃん(七ヵ月)の場合
    (2DKのアパート 深夜の発熱 ほか)
第3章 誤診と引き継ぎミス
  ―東京都葛飾区・豊田理貴ちゃん(五歳)の場合
    (辛い記憶 理貴ちゃんの成長 ほか)
第4章 私たちにできること
  ―三家族と日本小児科学会理事・中澤誠の「格闘」
    (患者と医師の新しい出会い 「いい医者って何だね?」 ほか)
『小児救急』その後―文庫版のあとがきに代えて

■引用


■書評・紹介


■言及

立命館大学ホームカミングデー生存学研究センター公開企画「この国で老いて生きること」
(著者による報告)


*作成:大谷 通高
UP: 20110411 REV: 20110512
子/育児  ◇医療/病・障害と社会  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)