HOME > BOOK >

『戦後日本スタディーズ3 「80・90」年代』

岩崎 稔・上野 千鶴子・北田 暁大・小森 陽一・成田 龍一 編 20081216 紀伊國屋書店,376p.

last update:20111128

このHP経由で購入すると寄付されます

■岩崎 稔・上野 千鶴子北田 暁大・小森 陽一・成田 龍一 編 20081216 『戦後日本スタディーズ3 「80・90」年代』,紀伊國屋書店,376p. ISBN-10:4314010533 ISBN-13:978-4314010535 \2520 [amazon][kinokuniya] ※ s g03

■内容

内容紹介
本シリーズは、「戦後」を問い直すための見取り図を提示するとともに、これまでこぼれ落ちてきた論点をアクチャルな問題として拾い上げ、戦後を、特に社会運動に力点をおいて総括しようとする野心的な試みである。

80・90年代:ニューアカ/フェミニズム/おたく/ピースボート/ネオリベ/バブル文化/グローバル化/オウム/9・11/イラク戦争/格差……

内容(「BOOK」データベースより)
これからを生き抜くために、いま、「戦後」を問い直す。

著者について
岩崎稔[いわさき・みのる]
一九五六年生まれ。東京外国語大学教授(哲学、政治思想史)。『アメリカという記憶』(訳書、未來社)、『継続する植民地主義』(共編著、青弓社)、『戦後思想の名著50』(共編著、平凡社)、など。

上野千鶴子[うえの・ちづこ]
一九四八年生まれ。東京大学教授(社会学)。『家父長制と資本制』、『生き延びるための思想』(以上、岩波書店)、『おひとりさまの老後』(法研)など。

北田暁大[きただ・あきひろ]
一九七一年生まれ。東京大学准教授(理論社会学、メディア史)。『広告の誕生』(岩波書店)、『嗤う日本の「ナショナリズム」』(NHKブックス)、『カルチュラル・ポリティクス1960/70』(共編著、せりか書房)、など。

小森陽一[こもり・よういち]
一九五三年生まれ。東京大学教授(日本近現代文学)。『日本語の近代』『レイシズム』(以上、岩波書店)、『日露戦争スタディ-ズ』(共編著、紀伊國屋書店)など。

成田龍一[なりた・りゅういち]
一九五一年生まれ。日本女子大学教授(日本近現代史)。『〈歴史〉はいかに語られるか』(NHKブックス)、『歴史学のポジショナリティ』(校倉書房)、『日露戦争スタディ-ズ』(共編著、紀伊國屋書店)など。

五十嵐泰正[いがらし・やすまさ]
一九七四年生まれ。筑波大学講師(社会学)。

遠藤知巳[えんどう・ともみ]
一九六五年生まれ。日本女子大学教授(社会学、視覚文化論)。

櫛渕万里[くしぶち・まり]
一九六七年生まれ。NGOピースボート前事務局長、法政大学国連グローバル・コンパクト研究センター共同代表・研究員。

斎藤美奈子[さいとう・みなこ]
一九五六年生まれ。文芸評論家。

佐々木寛[ささき・ひろし]
一九六六年生まれ。新潟国際情報大学教授(国際政治学、現代政治理論)。カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。

佐藤俊樹[さとう・としき]
一九六三年生まれ。東京大学准教授(比較社会学、日本社会論)。

土佐弘之[とさ・ひろゆき]
一九五九年生まれ。神戸大学教授(国際関係論)。

原宏之[はら・ひろゆき]
一九六九年生まれ。明治学院大学准教授(教養教育センター、国際平和研究所兼担、表象メディア論・日仏思想史)。

玄武岩[ひょん・むあん]
一九六九年生まれ。北海道大学准教授(メディア文化論)。

道場親信[みちば・ちかのぶ]
一九六七年生まれ。大学非常勤講師(日本社会科学史、社会運動論)。

森川嘉一郎[もりかわ・かいちろう]
一九七一年生まれ。明治大学国際日本学部准教授(意匠論)。

山下範久[やました・のりひさ]

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岩崎 稔
1956年生まれ。東京外国語大学教授(哲学、政治思想史)

上野 千鶴子
1948年生まれ。東京大学教授(社会学)

北田 暁大
1971年生まれ。東京大学准教授(理論社会学、メディア史)

小森 陽一
1953年生まれ。東京大学教授(日本近現代文学)

成田 龍一
1951年生まれ。日本女子大学教授(日本近現代史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

はじめに 小森陽一×成田龍一

ガイドマップ80・90年代

ポスト冷戦と9・11のあいだ 山下範久
『冷戦構造』と『五五年体制』崩壊後の日本社会 小森陽一
ネオリベラルな受動的革命の始動――リーン生産方式的思考様式の全面化 土佐弘之
階層化社会の『私たち』 佐藤俊樹
グローバル化する人権――『反日』の日韓同時代史 玄武岩
『新しい戦争』と日本――漂流する『安全保障』 佐々木寛
オウム事件と九〇年代 遠藤知巳
フェミニズムが獲得したもの/獲得しそこなったもの 斎藤美奈子
グローバル化とパブリック・スペース――上野公園の九〇年代 五十嵐泰正
ピースボートの二五年 櫛渕万里
『おたく』という文化圏の成立 森川嘉一郎
ポストバブル文化論 原宏之

■インタビュー  辻井喬「爛熟消費社会とセゾン文化」(聞き手)上野千鶴子・小森陽一
 三浦雅士「現代思想の時代」(聞き手)北田暁大

■年表(1981〜2000年 図版付) 道場親信

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:鈴木 耕太郎 更新:樋口 也寸志
UP:20110818 REV:20111128
社会学 sociology ◇グローバリゼーション  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)