HOME > BOOK >

『思想地図vol.2 特集:ジェネレーション』

東 浩紀・北田 暁大 編 20081225 日本放送出版協会,451p.

Tweet
last update:20161107

このHP経由で購入すると寄付されます


■東 浩紀・北田 暁大 編 20081225 『思想地図vol.2 特集:ジェネレーション』,日本放送出版協会,451p. ISBN-10:4140093412 ISBN-13:978-4140093412 1500+ [amazon][kinokuniya] ※ p0601

■内容

[amazon]より

キーワードは「ジェネレーション」。
 揺らぐ家族像から労働問題、世代間対立から格差社会への新たな視点まで、現代社会の諸問題に鋭く切り込む論文を多数収載! 情報社会学の新しいパラダイムを力強く提唱する諸論考や座談も加え、新進気鋭の若手から第一線で活躍する論客まで、さらに充実した内容でお届けする第2弾。
閉塞した状況を、新たなる<生成>へと開く! 


 家族は崩壊したのか? 「労働」と「創造」の新しい関係とは? 世代間対立をどう捉えるか? 「ジェネレーション」をキーワードに現代の諸問題に鋭く切り込みます。上野千鶴子さんによる『おひとりさまの老後』批判への反論、信田さよ子さん、本田由紀さんの書き下ろし論文など、注目の論者の力作が目白押し。第2特集では「胎動するインフラ・コミュニケーション」と題し、情報社会の新パラダイムを提唱する論文・座談会を収載しました。濱野智史さんの力作論文「ニコ二コ動画の生成力」にも注目。巻末には、論文公募より登場した若き批評家のデビュー作を掲載。
 著者の入江哲朗さんは1988年生まれの20歳、現在、東京大学教養学部に在学中の二年生です。編集委員の東浩紀さんが『批評空間』でデビューしたのは、東大在学中の22歳のとき。ここに『思想地図』も、新たな才能を送り出します。新進気鋭の若手から第一線で活躍する論客まで、さらに充実した内容でお届けする第2弾!

■目次

I 家族の現在
毀れた循環 本田由紀
それでも、家族は続く 信田さよ子

II 労働と創造の新しい関係 
ゲームプレイ・ワーキング  鈴木健  
対抗的創造主義を生きよ! 橋本努
民主主義のための福祉  田村哲樹
私小説的労働と組合 大澤信亮

III 世代論をどう捉えるか
世代間対立という罠  上野千鶴子インタビュー(聞き手・北田暁大)
<ジェネレーション>を思想化する  天田城介 
「総中流の思想」とは何だったのか  森直人

特集・胎動するインフラ・コミュニケーション 
[座談会]ソシオフィジクスは可能か  東浩紀+北田暁大+西田亮介+濱野智史
「ソシオフィジクス」を知るための10冊  西田亮介+濱野智史
ニコ二コ動画の生成力  濱野智史
<社会>における創造を考える   西田亮介
[座談会]再帰的公共性と動物的公共性 東浩紀+大屋雄裕+笠井 潔+北田暁大  
[特別掲載]「市民性」と批評のゆくえ  入江哲朗 

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20161107 REV:
貧困・格差関係の本 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)