HOME > BOOK >

『発達障害のある子どものきょうだいたち――大人へのステップと支援』

吉川 かおり 20081030 生活書院,158p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■吉川 かおり 20081030 『発達障害のある子どものきょうだいたち――大人へのステップと支援』,生活書院,158p. ISBN-10: 490369027X ISBN-13: 978-4903690278 \1365 [amazon][kinokuniya] ※

■内容

出版社/著者からの内容紹介
障害をもった人の「きょうだいたち」の育ちと巣立ちを支援するセルフヘルプブック! 障害児者のいる家族の中で何が起こりうるかを、きょうだいのライフステージを軸に整理し、困難が生じた時の対処方法、自分ひとりで抱え込まない方法を提案。本そのものがセルフヘルプグループの役目を果たせるようにという思いで書かれた、「きょうだいたち」による「きょうだいたち」のための本。

(「BOOK」データベースより)
障害児のいる家族がぶつかる問題を、きょうだいたちのライフステージを軸に整理し、困難への対処法や、ひとりで抱え込まない方法を提案する。本そのものが、セルフヘルプの役目を果たせるようにという思いで書かれた、「きょうだいたち」による「きょうだいたち」のための本。

■目次

はじめに
1 家族の混乱が子どもに与える影響
(1)家族機能が不全になる時
(2)家族機能不全と子どもへの影響
(3)障害児者のいる家族の共通点
コラム1 障害児者のいる家族の、家族機能の状態
2 言葉にならない「思い」〜乳幼児期のきょうだいたちへ
(1)言えないけど、感じているもの
(2)アダルト・チルドレンという見方
(3)支援のポイント
コラム2 兄弟とアダルト・チルドレン
3 自分と家族との関係への目覚め〜学齢期のきょうだいたちへ
(1)障害児者の能力をめぐって起きること
(2)家族のコミュニケーションをめぐって起きること
(3)社会との関係の中で起きること
(4)マイナスをプラスに変えるヒント
コラム3 小学生時代のきょうだい
4 自分の生活と、親と障害児者の暮らしと〜青年期・成人期のきょうだいたちへ
(1)自分の生活を作り上げる
(2)可能性と限界と
(3)恋愛や結婚の悩み
(4)プラスの経験を増やすために
コラム4 進路や就職、結婚への影響
5 きょうだい支援の今後の展望
(1)家族機能の健全化への支援
(2)セルフヘルプグループによる支援
コラム5 障害のある兄弟姉妹や、親との関係をめぐって
おわりに

資料編 紙上セルフヘルプ…きょうだい関係について思うこと
障害のある弟いる“兄”として
障害のある妹いる“兄”として
障害のある妹いる“姉”として
障害のある弟いる“姉”として
障害のある兄いる“弟”として
障害のある姉いる“弟”として
障害のある姉いる“妹”として
障害のある妹いる“妹”として
■著者紹介

吉川かおり[ヨシカワカオリ]
1965年生まれ。明星大学人文学部人間社会学科准教授。東京学芸大学大学院(修士課程)教育学研究科障害児教育学専攻修了。東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了。博士(社会福祉学)。愛知みずほ大学専任講師、東洋大学専任講師・助教授を経て、2005年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■言及

◆立岩 真也 20140825 『自閉症連続体の時代』,みすず書房,352p. ISBN-10: 4622078457 ISBN-13: 978-4622078456 3700+ [amazon][kinokuniya] ※


*作成:三野 宏治
UP:20090618 REV:20140825
障害(者)・障害学・関連書籍  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)