HOME > BOOK >

『ドラッグの社会学――向精神物質をめぐる作法と社会秩序』

佐藤 哲彦(さとう・あきひこ) 20081030 世界思想社,274p.

last update:20111219

このHP経由で購入すると寄付されます

■佐藤 哲彦 20081030 『ドラッグの社会学――向精神物質をめぐる作法と社会秩序』,世界思想社,274p. ISBN-10:4790713695 ISBN-13:978-4790713692 \2415 [amazon][kinokuniya] ※ s. sm. m. c01. d07.

■内容

内容紹介
麻薬とは刺激ではない。それは生き方だ。----W.バロウズ

マリファナ・覚醒剤・LSD・ヘロインなど

薬物をめぐる作法はどのようなものなのか?

それは、どのように形づくられてきたのか?

使用者自身のリアルな語りからその作法を浮き彫りにし、自由化運動と統制政策から社会秩序について考える。

内容(「BOOK」データベースより)
マリファナ・覚醒剤・LSDなど薬物をめぐる作法はどのようなものなのか?それは、どのように形づくられてきたのか?使用者自身のリアルな語りからその作法を浮き彫りにし、自由化運動と統制政策から社会秩序についてかんがえる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
佐藤 哲彦
1966年、神奈川県生まれ。熊本大学文学部教授。専門は社会学、とくに犯罪社会学・医療社会学・ディスコース分析。博士(文学)。大学卒業後に出版社勤務をへて、1997年京都大学大学院文学研究科博士課程中退。おもな著作に『覚醒剤の社会史―ドラッグ・ディスコース・統治技術』(東信堂、2007年度日本社会病理学会学術奨励賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1章 ドラッグをもってパーティに出かける――一九九七年八月、はじまり
 1 訪問
 2 出発
 3 会場
 4 はじまり
 5 使うことと語ること

第2章 これまでのドラッグの社会学――ドラッグについてかんがえる方法
 1 ドラッグと嗜癖
 2 さまざまなドラッグ使用
 3 嗜癖にならずに使用する
 4 こんにちのドラッグ使用を知るために

第3章 こんにちのドラッグ使用――使いつづけること、そしてその後
 1 ドラッグに出会う
 2 ドラッグ使用を選択する
 3 ドラッグを使いつづける
 4 ドラッグをやめる

第4章 ドラッグをめぐる運動――ドラッグについて語る作法の同一性
 1 発想の由来
 2 カンナビス・カップ
 3 カンナビス・フェスティバル
 4 くりかえし達成されること

第5章 ドラッグをめぐる政治――ナショナリズム、あるいは「彼ら」と「われわれ」
 1 国際統制
 2 アメリカ合衆国とドラッグ
 3 日本と覚醒剤
 4 「彼ら」と「われわれ」

第6章 ドラッグ問題と秩序構想――非犯罪化・経済化・リスク管理
 1 ブリティッシュ・システム
 2 オランダの非犯罪化政策
 3 リスクと秩序

終章 ドラッグをめぐる作法と社会的思考――反復される語りと「社会的」領域
 1 ドラッグ使用をめぐる作法
 2 「社会的」なものへの身振り
 3 重層化し縫いあわされる秩序構想
 4 ドラッグの社会学
 5 おわりに


あとがき
初出一覧
参考文献
ドラッグ名索引
事項索引
人名索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20111219 REV:20120218
htm">佐藤 哲彦  ◇社会学 sociology  ◇医療社会学 sociology of medicine / sociology of health & illness  ◇精神障害/精神医療  ◇犯罪/刑罰  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)