HOME > BOOK >

『生涯ケアラーの誕生――再構築された世代関係/再構築されないジェンダー関係』

大和 礼子 20080930 学文社,215p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■大和 礼子 20080930 『生涯ケアラーの誕生――再構築された世代関係/再構築されないジェンダー関係』,学文社,215p. ISBN-10: 4762018597 ISBN-13: 978-4762018596 \2520 [amazon][kinokuniya] ※ w02 a02 a022008

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大和 礼子
東京大学文学部社会学専修課程卒業。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程退学。博士(人間科学)。現在、関西大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
はじめに

第1章 なぜ介護を専門家に頼るのか
1.介護における世代関係の再構築
2.女性は「利己的」か?
3.「介護問題は女性問題」の社会的構築
4.「介護を専門家に頼る」はオルタナティブな社会のあり方を示しているのか?

第2章 ケア、世代関係、公共/家内領域、自立/依存をどうとらえるか
1.ケアと介護
2.高齢者と成人子の世代関係
3.公共領域と家内領域
4.自立と依存

第3章 介護する意識とされる意識
1.女性は「介護を介護する」ことを避けているのか?
2.データ
3.介護する立場/される立場/「一般論」としての介護意識
4.「家族に介護される」ことを避けようとする女性

第4章 女性とケア・アイデンティティ
1.なぜ女性は「利他的」選好をするのか?
2.データ
3.「性による役割振り分け」と「愛によるケア役割」の2つの次元
4.「生涯ケアラー」としてのアイデンティティ

第5章 生涯家計支持者と生涯ケアラーの誕生
1.なぜ嫁をあてにできなくなったのか
2.日本における高齢者の扶養・介護に関する制度
3.データ
4.扶養と介護についての意識の変化
5.「生涯家計支持者」と「生涯ケアラー」の誕生

第6章 社会階層と介護意識―「女性中流階級のための福祉国家」
1.「介護を専門家に頼る」と考える人はどの社会階層に多いのか?
2.データ
3.専門家の介護に積極的な女性中流階層と消極的な男性中流階層
4.「女性中流階級のための福祉国家」

第7章 公共領域/家内領域の再構築とその中断
1.老後の世代関係について人々はどう考えているか?
2.データ
3.生涯ケアラー・生涯家計支持者・公的支援忌避者・看取りあう夫婦
4.「専門家に介護を頼る」は支配的社会認識を支える意識

第8章 「ケアしあう人々」という社会
1.生涯家計支持者と生涯ケアラーの誕生
2.支配的社会認識を支える生涯ケアラー
3.生涯家計支持者と生涯ケアラーのゆくえ
4.「ケアしあう人々」という社会
5.今後の課題

参考文献
索引

■引用

■書評・紹介

■言及




*作成:岡田 清鷹 
UP:20081205
女性の労働・家事労働・性別分業  ◇介助・介護  ◇介助・介護 2008  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)