HOME > BOOK >

『ACT‐Kの挑戦――ACTがひらく精神医療・福祉の未来』(Psycho Critique 5)

高木 俊介 20080625 批評社,148p.

last update:20110507

このHP経由で購入すると寄付されます

高木 俊介 20080625 『ACT‐Kの挑戦――ACTがひらく精神医療・福祉の未来』(Psycho Critique 5),批評社,148p.  ISBN-10: 4826504853 ISBN-13: 978-4826504850 \1575 [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

ACT(Assertive Community Treatment)とは何か。24時間365日、精神障害者に医療と福祉の一体化した訪問による生活支援を行うACT‐Kの実践レポート。

■目次

第1章 ACT――精神医療・福祉の最先端
第2章 ACTとは何か
第3章 地域生活支援と「精神疾患・障害複合(MIDcomplex)」
第4章 メルトダウンする精神医療・福祉体制
第5章 ACT‐Kの誕生と現状
第6章 地域精神医療・福祉における支援関係の原則
第7章 これからの精神医療・福祉とACT

■引用

■書評・紹介

■言及




*作成:山口 真紀
UP:20110507 REV:
精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)