HOME > BOOK >

『出生前診断の法律問題』

丸山 英二 編 200805 尚学社,207p.


このHP経由で購入すると寄付されます

丸山 英二 編 200805 『出生前診断の法律問題』,尚学社,207p. ISBN-10: 4860310535 ISBN-13: 978-4860310530 4000+ [amazon][kinokuniya] p01. be.

■広告

 http://www.shogaku.com/books/data/053.htm
 近年では,羊水検査,絨毛検査,遺伝カウンセリングにより,出生前に親がその子の疾患の有無やリスクを知ることができる。単にケアや養育を始める準備に役立てるだけではなく,このことが選択中絶が行われるきっかけとなることもまた,事実である。日本の法制度,医療現場,社会的支援の実態を明らかにするとともに,諸外国の堕胎に関連する法制,Wrongful Birth訴訟など法的な問題への対応の研究から、新たな視点の提供を目指す。

■目次

序:丸山英二
第T部 出生前診断の法律問題と医療現場
 第1章 出生前診断の法律問題:丸山英二
 第2章 出生前診断と医療現場:山中美智子
第U部 出生前診断に対する主要国の法制度
 アメリカ:丸山英二
 フランス:本田まり
 ドイツ:小池 泰
第V部 わが国の出生前診断の現状と問題
 第1章 出生前診断にかかわる法状況とその議論:伊佐智子
 第2章 「望まない障害児出産訴訟」をめぐる議論:服部篤美
 第3章 出生前診断と心理社会的支援:玉井真理子 = 関 維子
資料編

■著者

丸山英二 神戸大学大学院法学研究科教授
山中美智子 大阪府立大学看護学部看護研究科教授
本田まり 芝浦工業大学工学部建築系共通(人文社会)助教
小池 泰 九州大学法学研究院准教授
伊佐智子 久留米大学非常勤講師
服部篤美 東京学芸大学准教授
玉井真理子 信州大学医学部保健学科准教授
関 維子 日本女子医科大学大学院博士課程後期在学

■書評・紹介・言及

◆立岩 真也 2013 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版

利光 恵子 2012 『受精卵診断と出生前診断――その導入をめぐる争いの現代史』,生活書院,339p.


UP:20130302 REV:
BOOK丸山 英二
TOP HOME (http://www.arsvi.com)