HOME > BOOK

『臨床研究マスターブック』

福井 次矢 編 20080415 医学書院,306p.

last update:20100906

このHP経由で購入すると寄付されます

■福井 次矢 編 20080415 『臨床研究マスターブック』,医学書院,306p. ISBN-10:4260006096 ISBN-13:978-4260006095 \3990 [amazon][kinokuniya]


■目次



 I わが国の臨床研究の現状と臨床研究の進め方 福井次矢 1
 1. 医療の目的と医学研究の種類 2
 2. わが国の臨床研究の現状 3
 3. 臨床研究の進め方と論文の投稿 12

 II 臨床研究をデザインしてみよう 高橋理 19
 1. リサーチ・クエスチョンから文献を効率的に検索してみよう 20
 2. 論文を読んでみよう 37
 3. 研究デザインを選択してみよう 55
 4. 研究計画書を書いてみよう 69

 III データ入力のしかた 大出幸子 77
 1. データをExcelに入れてみよう 78
 2. Exce1の達人への道 lll
 3. Microsoft Excel 2007をお使いの方へ 127

IV データ解析のヒント 小俣富美雄 135
 1. 生物統計学(biostatistics)の紹介 136
 2. 臨床医学研究における 表1、表2…の作り方のまとめ 152
 3. データ解析のためのコンピュータプログラム 153
 4. 統計学的有意差と生物学的有意差 156

 V 仮説検定とその実際 柳井晴夫 159
 1. 検定の考え方 160
 2. 平均値および中央値の差の検定 166
 3. 多群の平均値の差の検定と多重比較 177
 4. 適合度の検定 182

 VI 多変量解析 柳井晴夫 197
 1. 多変量解析とは 198
 2. 多変量データの種類と構造 200
 3. 重回帰分析 205

 VII 生存時間データの解析 柳井晴夫 227

 VIII 論文を書いてみよう 徳田安春 241
 1. 論文を書いてみよう 242
 2. 文献リストを簡単に作ってみよう 253
 3. 投稿してみよう 265

 IX 研究を行うにあたって注意すること 小松康宏 269
 1. 研究を行うにあたっての倫理的注意点―研究対象者(被験者)の人権を守る 270
 2. 研究の倫理一科学の公正 287

 索引 299


■執筆者(五十音順)



 大出幸子〔聖ルカ・ライフサイエンス研究所臨床疫学センター・研究員〕
 小俣富美雄〔聖ルカ・ライフサイエンス研究所臨床疫学センター・医学リサーチ主任、聖路加国際病院消化器センター内視鏡室・副医長〕
 小松康宏〔聖路加国際病院・腎臓内科部長〕
 高橋理〔聖ルカ・ライフサイエンス研究所臨床疫学センター・医学リサーチ主任、聖路加国際病院一般内科・副医長〕
 徳田安春〔筑波大学附属水戸地域医療センター総合診療科教授〕
 福井次矢〔聖ルカ・ライフサイエンス研究所臨床疫学センター・センター長、聖路加国際病院病院長〕
 柳井晴夫〔聖路加看護大学教授(大学院担当)〕


*作成:植村要
UP:20100906 REV:
身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)