HOME > BOOK >

『30代の“うつ”――会社で何が起きているのか』

NHK取材班 編 20080325 日本放送出版協会,124p.

last update:20110311

このHP経由で購入すると寄付されます

■NHK取材班 編 20080325 『30代の“うつ”――会社で何が起きているのか』,日本放送出版協会,124p. ISBN-10:4140812818 ISBN-13: 978-4140812815 \997 [amazon][kinokuniya] ※ d05 w01 m

■内容

内容(「BOOK」データベースより)

いま、「うつ」の影が、中堅〜管理職になる30代に忍び寄る。
なぜ、「うつ」で悩む30代の社員が増えているのか。
30代をとりまく雇用環境、企業が抱える課題を探る。

■目次

プロローグ 番組制作を通じて見えてきたこと

第1部 企業内をジワジワと侵食してきた「うつ」の実態
(30代のうつとは何か?――変わる「うつ病」の常識;
「うつ」を生み出す企業内事情――30代の“心の病”はなぜ起きるのか;
世代と価値観から「30代のうつ」を探る――20年前の30代と現代の30代との違いはどこにある?)

第2部 「30代のうつ」へ処方箋を探りはじめた企業
(会社は社員のうつ病とどう向き合っているのか――手探りで始まった取り組み〜現場からの報告;
社員の“うつ”に企業はどう向き合っていけばよいのか)

コラム
うつ病からの社会復帰
どんな会社でもできる「社員のうつ病」対策

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP: 20110311 REV:
鬱/うつ 労働 精神障害/精神医療 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)