HOME > BOOK >

『自由論(双書 哲学塾)』

井上 達生 20080325 岩波書店,164p.


このHP経由で購入すると寄付されます

井上 達生 20080325 『自由論(双書 哲学塾)』,岩波書店,164p. ISBN-10: 4000281631 ISBN-13: 978-4000281638  \1365 [amazon][kinokuniya] ※ l03

■内容
(本書帯より)
自由を論じるには、「自由の秩序」を考えなくてはなりません。自由と秩序は両立する。一定の秩序こそが自由を可能にするのです。でも自由そのものを考えていくと難しい問題が出てきます。また、「リベラリズム」とはどんなことか。そして自由と正義はどのように関わるのでしょうか。場外補講では聴講生たちが鋭い質問で迫ります。井上教授危うし!熱血・法哲学講義。

■目次
講義案内

講義の七日間「自由の秩序」を哲学する

第1日目 アルバニアは英国より自由か
第2日目 自由の秩序性と両義性
第3日目 自由概念の袋小路
第4日目 秩序のトゥリアーデ――国家・市場・共同体
第5日目 専制のトゥリアーデ――全体主義・資本主義・共同体主義
第6日目 自由の秩序の相対性と普遍性
第7日目 世界秩序をめぐる討議

場外補講 リベラリズムにおける自由と正義の位置

あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岡田 清鷹 
UP:200801009
自由・自由主義  ◇身体×世界:関連書籍 2005-  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)