HOME > BOOK >

『エクストラテリトリアル――移動文学論・2』

西 成彦 20080220 作品社,346p.
English Page


このHP経由で購入すると寄付されます

西 成彦 20080220 『エクストラテリトリアル――移動文学論・2』,作品社,346p. ISBN:9784861821745 (4861821746) 3360 [amazon][kinokuniya] ※

表紙をクリック→[amazon]で購入できます
『エクストラテリトリアル――移動文学論・2』

■内容紹介

「エクストラテリトリアル=治外法権」をキーワードに、多言語的な東欧の文学世界を読み解いていく、新しい文学史記述の野心的な試み!

■目次

1 ポーランド文学、その拡張
 一九三〇年代ポーランド文学論―「春」と「黒人」の問題圏
 ゴンブローヴィッチとその同時代人
 多言語的な東欧と「ドイツ人」の文学
 G・グラス『蟹の横歩き ウィルヘルム・グストロフ号事件』(書評)
 モアシル・スクリャールと多文化主義
 フルブンと「死刑囚」の詩的言語活用
 声の宛先、あるいは二人称の廃墟
2 ポーランド文学の外
 コンラッドと英語、コンラッドとポーランド語
 さまよえるポーランド文学―「灯台守」から『ノストローモ』まで
 ジョゼフ・コンラッド『シャドウ・ライン』(書評)
 在外ポーランド人作家にとってのポーランド
 前線をさまよう裸の眼『ペインテッド・バード』について
 ゴンブローヴィッチとボウルズ
 ユダヤ文学の語りの戦略――方法としてのイディッシュ
3 カフカのまわり
 イディッシュ語を聴くカフカ
 ハエの羽音のような言語――イディッシュ文学のアヴァンギャルドな実験
 断食芸人論
 難民小説としての『城』――アーレントの読み
 あつかましさについて



西 成彦  ◇生存学創成拠点・本1  ◇WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)