HOME > BOOK >

『性的支配と歴史――植民地主義から民族浄化まで』

宮地 尚子 編著 20080220 大月書店,330,8p.


last update:20100712
このHP経由で購入すると寄付されます

宮地 尚子 編著  20080220 『性的支配と歴史――植民地主義から民族浄化まで』,大月書店,330,8p. ISBN-10:4272350277 ISBN-13:978-4272350278 \2940 [amazon] [kinokuniya] ※

■内容

「性的支配」とは何か。性暴力に関する言説の歴史から、文学・アート・スポーツの中にみる性的関係のあり方、そして真実和解委員会や国際刑事裁判所などの現代の紛争和解策までをたどり、性的支配をめぐる問題群を広く浮かび上がらせる。私たちの歴史観を鋭く問い直し、未踏の領域への議論を切り拓く、意欲的な思考の集積。

■目次

はじめに

序章 性暴力と性的支配

1 性的支配の歴史と構造

第1章 ヨーロッパ文明批判と性的支配―「正しさ」の意識をめぐって

第2章 国家と戦時性暴力と男性性―「慰安婦制度」を手がかりに

第3章 軍隊の影―スポーツ/レクリエーションと性的支配

2 歴史と記憶と正負の遺産

第4章 性的支配と現地女性―ラ・マリンチェと文学的想像力

第5章 被征服男性の“受忍”―現代メキシコのカレンダーアートに見る性的支配の表象

第6章 奴隷制、魔女裁判とカリブの女性―マリーズ・コンデ『わたしは魔女ティチューバ』を補助線として

3 現代の紛争と和解への糸口

第7章 国内紛争と民族浄化・性暴力

第8章 国際刑事裁判所における国際犯罪としての性暴力―性的支配とはどのような人権問題か

第9章 語られぬ真実―性暴力をめぐる正義・和解・記憶

編者あとがき

索引

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:三野 宏治 
UP:20100712 REV:
ホームページ:性・フェミニズムに関係  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)