HOME > BOOK >

『無能な者たちの共同体』

田崎 英明 20071225 未来社,254p.


このHP経由で購入すると寄付されます

田崎 英明  20071225 『無能な者たちの共同体』,未来社,254p. ISBN-10:4624011775 ISBN-13: 978-4624011772 2520 [amazon] ※

■内容

■目次

Impotenz――中断
苦痛/イデア――グノーシス主義者たち
Essentia――名と叫び
法の彼方――正義
「私は語る」――苦痛、敷居、石
「私は見た」――声、イメージ、真理
共同時代性――再生産に抗して保たれるもの
生を導く――エートスについて
テクネー/ポリス――国民化の時間性について
恥、怒り、存在
悲劇の批判――朽ちることとしてのDasein
不気味なもの――魂の内戦のために
名の間違いについて――哲学者と詩人の生
作品とその死後の生――時間性なき歴史の概念のために
思考の在り処
死、ことば、まなざし
共同体の問い
イメージ――社会の残りもの
生は語ることができるか――生-政治の次元における抵抗

文献案内
あとがき

■書評・紹介
堀田 義太郎20080530「能力と政治」『インパクション』163, pp. 185-188


*作成:堀田 義太郎
UP:20080707 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK

 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)