HOME > BOOK >

『110センチの視野――電動車椅子のファンキー野郎 アメリカ留学激闘記』

平野 誠樹(ひらの もとき) 20071031 幻冬舎,172p.

Tweet
last update:20180429

このHP経由で購入すると寄付されます


■平野 誠樹 20071031 『110センチの視野――電動車椅子のファンキー野郎 アメリカ留学激闘記』,幻冬舎,172p. ISBN-10:4344950607 ISBN-13:9784344950603 1143+ [amazon][kinokuniya] ※ ds/ds

■内容

[amazon]より

内容(「BOOK」データベースより)
電動車椅子に乗った「オレ」は、障害だらけの日本を出て、アメリカへの留学を決意した。それは挑戦なんて甘いものではなく“激闘”の留学。怖いもの知らずなのか、不自由とは、自由とは何だろう。こんなファンキーなドラマがあるなんて…「オレ」のアメリカ留学は「小説より奇なり」となった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
平野/誠樹
1979年横浜生まれ。横浜市港北区在住。高校卒業後、アメリカへ留学。電動車椅子サッカーの日米交流の橋渡しを積極的に行い、今日の世界大会へ発展するきっかけを築く。電動車椅子サッカーチーム「横浜クラッカーズ」の代表&選手として活動中。2004年にはパラリンピックの公式記者として開催地ギリシャにて取材し、自身の夢だったスポーツジャーナリストへの第一歩を踏み出し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1章 マイ・アメリカン・ドリーム
第2章 命がけのアメリカ留学生活
第3章 車椅子と110センチの視野
第4章 スポーツジャーナリスト志願
第5章 「パラフォト」のスポーツライター
第6章 車椅子サッカー・ワールドカップ

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20180429 REV:
障害学 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)