HOME > BOOK >

『ある精神障害者の独り言――みんなかけがえのない命 俺の心の中ちょっとのぞいてみぃへん』

津田 誠大 20070901 文芸社ビジュアルアート,47p.

Tweet
last update: 20190311

このHP経由で購入すると寄付されます


■津田 誠大 20070901 『ある精神障害者の独り言――みんなかけがえのない命 俺の心の中ちょっとのぞいてみぃへん』,文芸社ビジュアルアート,47p.ISBN-10: 4862644260 ISBN-13: 978-4862644268 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ m

■内容

内容(「BOOK」データベースより)
「生きる希望・夢・勇気をあなたに届けたい!」17歳で統合失調症を患い、さまざまな経験を経て、現在、大阪精神障害者連絡会事務局役員を務めるほか、「ひとりぼっちをなくそう!」を合言葉に活動中。「文芸社出版文化賞2006」社長賞受賞作品。
著者略歴
(「BOOK著者紹介情報」より)
津田/誠大
昭和45年大阪生まれ。昭和63年私立摂稜高校卒業。17歳のとき統合失調症を発病、現在まで3度の入退院を繰り返す。20歳のときワシントン州立エドモンズ大学日本校に入学するが、体調不良のため中退。平成8年日本分析化学専門学校生化学分析学科卒業。化学分析専門士の称号を取得。平成16年柔道習い始めからわずか2ヶ月で大阪城内修道館昇段試合においてオール1本勝ちで一発合格。講道館入門を許される。現在、大阪精神障害者連絡会(呼称:大精連)事務局役員。NPO法人大阪ピアサポート・リカバリーセンター理事。社会福祉法人息吹、地域活動支援センターパオみのお、当事者クラブ魁スポーツ推進振興クラブのそれぞれ代表を兼務、「ひとりぼっちをなくそう!」を合言葉に活動中。仕事のかたわら執筆活動を続けている。『ある精神障害者の独り言―みんなかけがえのない命
俺の心の中ちょっとのぞいてみぃへん』で、「文芸社出版文化賞2006」社長賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次



■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:安田 智博
UP: 20190311 REV:
精神障害/精神医療  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)