HOME > BOOK >

『異郷の死――知里幸恵、そのまわり』

西成彦・崎山政毅 20070801 人文書院,296p.


このHP経由で購入すると寄付されます

西 成彦崎山 政毅 20070801 『異郷の死――知里幸恵、そのまわり』,人文書院,296p. ISBN-10:4409160907 ISBN-13:9784409160909 \2730 [amazon][kinokuniya] 

■内容
『アイヌ神謡集』を遺し十九歳の若さで夭折したアイヌの娘知里幸恵と、彼女のテクストをめぐる読みの協働の試み。帝国的野心、先住民族の「同化」、近代的国民国家という制度的・学的障壁をこえて、彼女の作業がもちえた力を探り、百年後の「死後の生」をつかむことをめざす。

■目次
序   崎山 政毅
知里幸恵の詩/死   丸山 隆司
バイリンガルな白昼夢   西 成彦
みずからの声を翻訳する――『アイヌ神遥集』の声と文字  坪井 秀人
知里幸恵と知里真志保のアイヌ神遥訳――オノマトペと踊る遥  佐藤=ロスペアグ ナナ
【エッセイ】越境の女性作家として  津島 佑子
知里幸恵と帝国日本言語学  安田 敏朗
口承から表記へ、表記から「文学」へ――知里幸恵と知里真志保の「日本語テクスト」とその周辺  崎山 政毅
【エッセイ】知里幸恵との、おそすぎた出会いをめぐって  太田 昌国
宮沢賢治とアイヌ文学  秋枝 美保
好奇心とオリエンタリズム――北原白秋のアイヌ民族へのまなざしを考える  細身 和之
編集後記  西 成彦

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:本岡 大和 
UP:20100215
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)