HOME > BOOK >

『「日系アメリカ人」の歴史社会学――エスニシティ、人種、ナショナリズム』

南川 文里 20070615 彩流社,289p.

last update:20110601

このHP経由で購入すると寄付されます

■南川 文里 20070615 『「日系アメリカ人」の歴史社会学――エスニシティ、人種、ナショナリズム』,彩流社,289p. ISBN-10:4779112788 ISBN-13:978-4779112782  \3675 [amazon][kinokuniya]※n09

■内容


出版社/著者からの内容紹介
日本からアメリカに移住した移民はどのように「日系アメリ
カ人」を名乗り、あるいはそう見なされるようになったのか。エスニック集団と
も人種集団とも呼ばれるアメリカ日系人にとって、エスニシティと人種はそれぞ
れ何を意味していたのか。日系アメリカ人研究だけでなく、マイノリティ研究に
新しい理論的枠組を提供する労作。
内容(「BOOK」データベースより)
日系アメリカ人研究だけでなく、マイノリティ研究に対して、新しい理論的な枠組を提供する労作。

■目次


序章 「日系アメリカ人」をめぐる歴史社会学
第1章 アメリカの人種エスニック編成―理論的枠組
第2章 トランスローカルな移民社会と滞在の長期化
第3章 エスニックな連帯の確立―移民のエスニック化と経済活動
第4章 エスニック・タウンと人種化―リトルトーキョーにおける集団間関係
第5章 移民ナショナリズム―戦争、ホームランド、「民族」
第6章 「日系アメリカ人」と市民ナショナリズム―日系二世と人種エスニック編成
第7章 「日系アメリカ人」エスニシティの再帰性―日系アメリカ人研究プロジェクトとエスニック多元主義
終章 人種エスニック編成のなかの「日系」

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:竹川 慎吾
UP:20110601 REV:
「日系人」/日系人労働者  ◇身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)