HOME > BOOK >

『結党!老人党』

三枝 玄樹 20070530 毎日新聞社,301p.

last update:20101221

このHP経由で購入すると寄付されます

■三枝 玄樹 20070530 『結党!老人党』,毎日新聞社,301p. ISBN-10:4620107131 ISBN-13:9784620107134 \1800 [amazon][kinokuniya] a06m a06 ※

■内容


内容紹介
フツーのお年寄りがひょんなことから国会デビュー?
捨て身になれる老人こそが、この国を救うのだ!!
『混合男児』が好評の新人が放つ、笑って泣ける・痛快政治コメディ。

内容(「BOOK」データベースより)
立ち上がれ爺さん!怒りを叫べ婆さん!本気でこの国のために闘えるのは、老い先短い老人だけだ!『混合男児』が好評の新人が放つ笑って泣ける痛快政治コメディ。

著者について
【著者からの内容紹介】
なにかと、マイナスイメージで語られることの多い老人!
でも、世の中の大多数を占めている老人には物事の可否を動かす力がある!
時間とお金もあるが、守るべき未来や家族はない!
もし、そんな老人が一致団結し、立ちあがったら、どうなっちゃうの?
そんな考え方が、老人を政治という世界に放り込むきっかけでした。

この作品に登場する老人たちは国会に乗り込み、国を改革し、
子供や孫が過ごしやすい世の中を残そうと奮闘します。
もっと簡単に言えば、老人が日本のヒーローになります。
これを、ただのフィクションストーリーと捉えるか、
それとも今後の日本に本気で必要なお話として捉えるかはそれぞれですが、
確かなのは、日本の老人には国を変える力が秘められているということです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
三枝 玄樹
1981年、東京・池袋生まれ。99年、18歳でラジオ番組の作家としてデビュー。同年、映像制作会社オフィスクレッシェンドに所属。ラジオ・テレビ番組、WEBコンテンツ、コンサート映像など、様々な媒体を仕事場としながら、数多くの作品構成を手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次


プロローグ
結党!老人党
総選挙
投票
国会
解散・プロローグ
あとがき

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:樋口 也寸志
UP:20101221 REV:
老人医療費無料化までの経緯  ◇老い  ◇身体×世界:関連書籍 2005-2009  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)