HOME > BOOK >

『トーク認知症――臨床と病理 (神経心理学コレクション)』

小阪 憲司・田邉 敬貴 20070515 医学書院 ,201p.

last update:最後に更新した日付

このHP経由で購入すると寄付されます

■小阪 憲司・田邉 敬貴 20070515 『トーク認知症――臨床と病理 (神経心理学コレクション)』,医学書院,201p. ISBN-10:4260003364 ISBN-13: 978-4260003360 \3675 [amazon][kinokuniya] ※ a06

■内容

口絵


第1章 アルツハイマー型認知症
(はじめに;アルツハイマー型老年認知症;非定型のアルツハイマー病剖検例;神経病理学の重要性;前頭葉症状が目立つアルツハイマー病例;ピック病様の前頭側頭葉萎縮が目立つアルツハイマー病例;posterior cortical atrophyを示した症例;側脳室の後角に著名な拡大があった)

第2章 非アルツハイマー型変性認知症
(レビー小体型認知症(DLB) 神経原線維変化型認知症 前頭側頭型認知症 FDTP−17 グリアタングル型認知症 ハンチントン病、視床変性症例など)

第3章 脳血管性認知症
(梗塞性認知症;ビンスワンガー型認知症;臨床が大事)

索引

■目次

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:永橋 徳馬
UP:20101027  REV:
老い  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)