HOME > BOOK >

『異文化間介護と多文化共生――誰が介護を担うのか』

川村 千鶴子・宣 元錫 編 20070509 明石書店,364p.


このHP経由で購入すると寄付されます


■川村 千鶴子・宣 元錫 編 20070509 『異文化間介護と多文化共生――誰が介護を担うのか』,明石書店,364p. ISBN-10: 4750325392 ISBN-13: 978-4750325392 2940 [amazon] ※ c0405 w0111

■内容紹介(「MARC」データベースより)
「異文化間介護」とは何かという理論的議論を含め、日本社会でいま可視化されていない状況ではあるが、現実にすでに展開されている異文化間介護の諸像について考察する。

■編者紹介

川村 千鶴子(かわむら ちづこ)

大東文化大学環境創造学部准教授(専攻:多文化共生論、外国人政策、島嶼学)
慶応義塾大学卒、多文化教育研究所所長を経て、2001年より現職
主要著書・論文
編著『他民族共生の街・新宿の底力』,明石書店,1998年
   『多文化教育を拓く――マルチカルチュラルな日本の現実のなかで』(共編),明石書店,2002年
著書『創造する対話力――多文化共生社会の航海術』,税務経理協会,2001年
共著『自治体の外国人政策――内なる国際化への取り組み』,明石書店,1997年
   『日本の移民政策を考える――人口減少社会の課題』,明石書店,2005年
論文「他民族化する保育園の現状と多文化社会」,『都市問題』,東京市政調査会,1996年
   「多文化共生社会への提言――多文化共生庁の創設」,『環境創造』第6号,環境創造学会,2004年
   「習志野俘虜収容所とポーンペイ人捕虜の帰還――オーラル・ヒストリーの可能性」,『島嶼研究』第6号,日本島嶼学会,2006年ほか

宣 元錫(ソン ウォンソク)

中央大学総合政策学部兼任講師(専攻:社会政策、労働問題、外国人政策)
高麗大学卒(韓国)、一橋大学大学院社会学研究科修了、博士(社会学)
韓国大統領諮問政策企画委員会専門委員、国際交流基金招聘フェローを経て、2005年から現職
主要著書・論文
共著『国際化する日本の労働市場』,東洋経済新報社,2003年
   『日本の移民政策を考える――人口減少社会の課題』,明石書店,2005年
論文「金大中政府の改革政策と韓国社会の変容」,『ワールドワイドビジネスレビュー』第4巻第3号,同志社大学,2003年
   「少子高齢化と文化交流」,『国際交流』第25巻第2号,国際交流基金,2003年ほか

■目次

まえがき
第1章 異文化間介護の視座…川村千鶴子
第2章 看護・介護分野の外国人受け入れ政策とその課題…宣元錫
第3章 在日コリアンの高齢化とエスニシティ…川野幸男
第4章 在日コリアン高齢者の介護の現状と課題――在日コリアン高齢者への実態調査から…李錦純
第5章 中国帰国者の高齢化――帰国二世の視点から見る年金・介護保険の現状と課題…藤田美佳
第6章 高齢化する外国人の社会保障、その現在と未来――新宿区のデータから…堀内康史
第7章 介護者送り出し国フィリピンの事情――誰と介護を担うのか…椙本歩美
第8章 海外で老後を過ごす可能性――介護・医療を目的に移動する人々、タイ王国の事例から…渡辺幸倫

■書評・紹介


■引用


■言及



*作成:石田 智恵 追加者:
UP: 20080530 REV:20081104
BOOK身体×世界:関連書籍 2005-ケア/国境外国人労働者/移民
TOP HOME (http://www.arsvi.com)