HOME > BOOK >

『来たるべきデリダ――連続講演「追悼デリダ」の記録』

Badiou, Alain; Zizek, Slavoj; Ranciere, Jacques; Balibar, Etienne; Nancy, Jean-Luc; Spivak, Gayatri Chakravorty; Cornell, Drucilla; Miller, J. Hillis; Douzinas, Costas eds. 20070529 Adieu, Derrida, Palgrave Macmillan, 256p.
=20070320 藤本 一勇 監訳・澤里 岳史・茂野 玲 訳,『来たるべきデリダ――連続講演「追悼デリダ」の記録』,明石書店,350p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■Badiou, Alain; Zizek, Slavoj; Ranciere, Jacques; Balibar, Etienne; Nancy, Jean-Luc; Spivak, Gayatri Chakravorty; Cornell, Drucilla; Miller, J. Hillis; Douzinas, Costas eds. 20070529 Adieu, Derrida, Palgrave Macmillan, 256p. =20070320 藤本 一勇 監訳・澤里 岳史・茂野 玲 訳,『来たるべきデリダ――連続講演「追悼デリダ」の記録』,明石書店,350p. ISBN-10: 4750324922 ISBN-13: 9784750324920 \2940 [amazon][kinokuniya]

■内容
出版社/著者からの内容紹介

哲学思想のみならず政治、社会など現代社会の
あらゆる領域に根源的な影響を及ぼした思想家、ジャック・デリダ。
その思想本来の政治性・闘争性を回復させ、新たな可能性を汲み上げるべく、
世界で考えられる限り最良の思想家9人による決定的デリダ論。
05年5-6月にロンドン大学バークベック・カレッジの連続講演
「Adieu, DERRIDA」の記録。全世界に先駆けて日本で先行出版。

内容(「BOOK」データベースより)

未来の“歓待”のために。その思想本来の政治性・闘争性を回復させ、新たな可能性を汲みあげる?世界で考えられる限り最良の思想家たちによる決定的デリダ論。

■著者
ドゥージナス, コスタス
ロンドン大学バークベック・カレッジ人文科学部長。法学博士。批判法学協議会の設立メンバー、Law and Critique: The International誌編集主幹。

藤本 一勇(ふじもと・かずいさ)
早稲田大学文学学術院助教授。フランス哲学専攻。1966年生まれ。社会科学高等研究院 (EHESS) でジャック・デリダに師事。

澤里 岳史(さわさと・たけし)
早稲田大学文学学術院講師。哲学専攻。1968年生まれ。

茂野 玲(しげの・れい)]
University of Business and Technology(コソヴォ・プリシュティナ)講師。政治思想史・政治理論専攻。1973年生まれ。エセックス大学政治学部講師などを務める。
■目次 ■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:角田 あさな
UP: 20100114 REV:
Derrida, Jacques  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)