HOME > BOOK >

『ノーフォールト』

岡井 崇 20070425 早川書房,436p.

Tweet
last update:20160730

このHP経由で購入すると寄付されます


■岡井 崇 20070425 『ノーフォールト』,早川書房,436p.  単行本 ISBN-10: 4152088087 ISBN-13: 978-4152088086 1600+税  [amazon][kinokuniya] ※  → 文庫 早川書房,302p.(上)ISBN-10: 4150309655 ISBN-13: 978-4150309657 648  [amazon][kinokuniya]  文庫 早川書房,302p.(下)ISBN-10: 4150309663 ISBN-13: 978-4150309664 648  [amazon][kinokuniya]

■内容

城南大学病院に勤める女性産科医・柊奈智は、深夜の当直で妊婦の容態が急変し、胎児を救うために緊急帝王切開手術を行なう。ギリギリの判断が幸いし、子供は無事に生まれた。 しかし数日後、原因不明の出血が母親を襲い、懸命の治療の甲斐もなく、出血の原因がわからないまま、母親は死亡してしまう。 過酷な勤務の中、患者を救えなかったことでショックを受ける奈智に、さらに遺族が起こした訴訟が追い討ちをかける。 緊急手術、医療事故、裁判、次々と奈智を襲う試練。さらに医療における最大の悲劇にショックを受けた奈智は……。 現役の医師が圧倒的な迫力で医療の危機の実態を描く医療サスペンス。

■目次

第1章 グレードAカイザー
第2章 渦の中
第3章 伴侶の信頼
第4章 菊花一輪
第5章 震える声
第6章 再起へ
第7章 余命に彩り
第8章 戦略の一つ
第9章 尋問
第10章 心の根っこに
第11章 真実の証明
第12章 母と子
第13章 決意の深層
第14章 最後の夜
第15章 誓約
余話
あとがき

■引用

あとがき

 現在、大学の医局はどの科も人手不足が深刻です。私達の教室も、一人でも多くの新人に入局してもらおうと、毎年“医局説明会”と称する入局勧誘の会を開いています。 […]多少とも産婦人科に興味を持つ二十名ほどの学生を前に小演説を行なった時、産婦人科学の学問としての幅広さと魅力、 これからの社会における産婦人科医療の重要性を話した後、現状の人員不足を訴えているうちに口惜しさが込み上げて来て、恥ずかしさも忘れ、 私は学生の前で号泣してしまいました。
 その頃、私は厚生労働省の「小児科・産科の若手医師の確保と育成に関する研究」の班員に加えていただき、産科医師不足の原因を分析していました。 当直の多いことに象徴される過酷な労働とそれを敬遠する学生気質とで形成される悪循環が第一の原因で、それに訴訟の多いことが追い打ちを>434>かけている、 との報告書は既に提出していました。しかし、学会や研究会で如何に関係者の理解が得られようと、一般社会の方々にその声を届けるのは難しいことでした。 社会の理解が得られなければ厚生労働省も動けないのではないかと考えていたところに前述の余韻が重なり、小説を書こうと思い至ったのです。(p.433-434)

■テレビドラマ

『ギネ――産婦人科の女たち』(日本テレビ)
http://www.ntv.co.jp/gyne/
https://ja.wikipedia.org/wiki/ギネ_産婦人科の女たち

■関連書籍

◆佐藤 春美 20060511 『医者は敵じゃない――女性産婦人科医からのメッセージ』,東京図書出版会,94p.  ISBN-10: 4862230296 ISBN-13: 978-4862230294 952+税  [amazon][kinokuniya] ※

■書評・紹介・言及



*作成:北村 健太郎
UP:20160730 REV:
医療過誤、医療事故  ◇血友病(Hemophilia)  ◇医療経済学  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)